月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

奥村仁志が砲丸投で学生歴代4位の18m26!円盤投と2年連続2冠は56年ぶり/関東IC

◇第101回関東インカレ(5月19日〜22日/東京・国立競技場)2日目

関東インカレの2日目に行われた男子砲丸投で、奥村仁志(国士大)が18m26を放って優勝。日本歴代9位、学生歴代4位の好記録だった。奥村は前日の円盤投も制しており2冠。2年連続の投てき2冠は、44回、45回大会(1965、66年)の石田義久(日大、※ハンマー投と3冠)以来、実に56年ぶり2人目の快挙だった。

1投目から4投目まで17mオーバーという安定感を見せていた奥村。だが、6回目に同学年の福田翔大(日大)が17m41を投げて逆転を許した。「それでスイッチが入った」という最終投てき。「技術は考えず、無心で全力で投げました」。学生5人目の18mプッターの仲間入りを果たし、「2冠と自己ベストを達成できて良かったです。4年生の集大成を見せられました」と笑った。

中学時代の国体で、今も残る17m85の中学記録(5kg)を放った奥村。「ターンの加速も良くて、中学以来と言えるくらい、指に砲丸が引っかかった感触があります」と言うほどの快投だった。

回転投法の奥村は、これまで「左に行く傾向があった」。そこで、「ターンから見直して右に少しずらしました。セカンドターンへのつなぎも良くなった」と改善点を挙げる。これで「18mの感覚をつかめたので忘れないようにしたいです」と力強い。

日本選手権では「上位争いをしたいです」と意気込む奥村。今後に向けて、何度聞かれても「自己ベスト」と答えてきた。中学時代と変わらず、昨日の自分より遠くに投げるだけ。「しっかりアベレージを上げていきたいです。(18mは)再現できます」。奥村、そしてアツオビン・ジェイソン(福岡大)ら学生勢が躍進する今シーズン。砲丸投の歴史が動き始めようとしている。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com