月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

女子棒高跳・塩崎泉が4m00で念願の初V!「会場の雰囲気が後押しになった」/関東IC


◇第101回関東インカレ(5月19日〜22日/東京・国立競技場)1日目

関東インカレの初日が行われ、女子棒高跳は塩崎泉(筑波大)が4m00で優勝を決めた。

バーの高さは3m90に上がり、塩崎、諸田祐佳(中大)、台信愛(日体大)の3人が跳躍。塩崎が2回目、諸田が3回目にクリアし、2人の優勝争いとなった。3m95はともにパス。4m00は塩崎が2回目で成功。諸田は惜しくも跳ぶことができず、この時点で塩崎の優勝が決まった。

「待ちに待ったタイトル。トップバッターだったので、(総合優勝を狙う)チームにもいい流れを作れました」と塩崎。4年生で念願の初タイトルをつかんだその表情は笑顔で溢れていた。

続けて大会新記録となる4m06へ挑戦。「優勝を決めたらやろうと思っていました」と、観客に手拍子を求めた。「会場の雰囲気も跳ぶぞという後押しになりました」。

4m06は惜しくも成功ならず。自己タイ記録での優勝となり、記録的には「やっぱり(4m06を)跳びたかった」というのも本音だが、「優勝だけを見ていたので後悔はないです」と語った。

「スピード」を上げ、「跳躍で失速しないように」することが今後の課題。次戦の日本選手権へ向けて課題と向き合いつつ、「4m30を跳んで、3位に入りたい」と大きな目標を掲げている。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com