月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

19年世界王者コールマンが貫禄の10秒09 小池祐貴10秒22「近年では良かった」/セイコーGGP


◇セイコーゴールデングランプリ(5月8日/東京・国立競技場)

世界陸連コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子100mは、19年世界選手権優勝のクリスチャン・コールマン(米国)が10秒09(+0.1)で優勝した。

さすが『世界一』の加速だった。弾丸のように飛び出すと、そのまましっかりとフィニッシュ。これが世界選手権以来の100mで「復帰初戦と考えればまずまず。久しぶりだったけどいい感触だった。『B+』くらい」と納得の表情を浮かべる。前回王者として出場権を持つ世界選手権に向けて「国際大会を走るより米国代表になるほうが難しいので光栄だ」と語った。

そのコールマンに食らいつこうと後半一気に伸びて、日本人トップを死守したのが東京五輪代表の小池祐貴(住友電工)。10秒22で2位に入った。

条件も含めて「タイムが出ないなぁ」と一言。練習の感覚と試合の結果にも「ズレがある」と言う。それでも、「出力は近年の中でも出ているほうだったと思います。力を出し切った感じがあります」と小池。理想の走りは求めつつ原点に戻って「がむしゃらに」。参加標準記録の10秒05に向けて「前向きにとらえたい」と話した。

3位にB.ローハン(豪州)が10秒23で入り、大学1年目の栁田大輝(東洋大)が自己記録10秒22に迫る10秒27で堂々の4位に食い込んだ。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com