月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

廣中璃梨佳が31分30秒34で2連覇 3位五島莉乃とともに世界選手権代表に内定!/日本選手権女子10000m


◇日本選手権10000m(5月7日/国立競技場)

7月のオレゴン世界選手権代表選考会を兼ねた第106回日本選手権10000mが行われ、女子は廣中璃梨佳(日本郵政グループ)が31分30秒34で優勝。廣中は昨年の東京五輪で参加標準記録(31分25秒00)を突破しており、日本陸連が定める条件を満たして、世界選手権代表に内定した。

レースは序盤、五島莉乃(資生堂)がトップで引っ張り、矢田みくに(デンソー)、廣中璃梨佳(日本郵政グループ)、萩谷楓(エディオン)、佐藤早矢也伽(積水化学)が先頭集団を形成。5000mを15分49秒で通過すると、廣中が7000m過ぎにペースアップし、追いすがる萩谷を振り切ってトップでフィニッシュした。

2位の萩谷は31分35秒67。3位には標準記録を突破している五島が入り、廣中とともに代表に内定した。

★オレゴン世界選手権代表内定選手プロフィール★
廣中璃梨佳(ひろなか・りりか)
2000年11月24日生まれ。長崎県大村市出身。桜が原中→長崎商高→日本郵政グループ

・種目別ベスト
800m 2分09秒00
1500m 4分16秒48
5000m 14分52秒84
10000m 31分00秒71

主な実績
21年 東京五輪5000m9位、10000m7位、日本選手権5000m優勝、10000m優勝
20年 日本選手権5000m2位
19年 日本選手権5000m3位、茨城国体5000m優勝
18年 アジアジュニア選手権1500m優勝、日本選手権5000m9位、インターハイ3000m6位、1500m7位
17年 インターハイ1500m4位、3000m7位
16年 インターハイ1500m8位、3000m5位

五島莉乃(ごしま・りの)
1997年10月29日生まれ。石川県金沢市出身。星稜中→星稜高→中大→資生堂

・種目別ベスト
1500m 4分25秒68
5000m 15分19秒58
10000m 31分10秒02
主な実績
21年 日本選手権5000m7位
20年 日本選手権5000m8位
19年 ユニバーシアード10000m2位、日本インカレ5000m2位、10000m2位
18年 日本インカレ5000m3位、10000m9位
17年 日本インカレ5000m7位、10000m6位
15年 インターハイ3000m10位
12年 全中1500m7位

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com