月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

東京五輪メダリストの400mHベンジャミン、100mHハリソン、400mノーマンが来日!高速トラックに「ワクワク」/セイコーGGP前日会見

セイコーゴールデングランプリを明日に控えて、トップ選手たちが前日会見に登壇した。

会見3部には、男子400mのマイケル・ノーマン(米国)、同400mハードルのライ・ベンジャミン(米国)、女子100mハードルのケンドラ・ハリソン(米国)が出席した。

まるでオリンピック、世界選手権のメダリスト会見のような豪華メンバーが、国立競技場に戻ってきた。

昨年の東京五輪400mハードル銀メダリストのベンジャミン。その時に出した世界歴代2位の46秒17が自己ベストだ。「もう一度戻って来られてうれしいです」と言い、東京五輪を踏まえて「高速トラック。とにかくワクワクしている」と笑顔を浮かべる。これがシーズン初戦。「やってきたことをテストするレース。無理をしない。47秒台で走れれば」と語った。

100mハードルで世界記録12秒20を持つハリソンは、「準備もしっかりできていて体調もいい」と語り、200mで22秒19(+3.1)を出したことで「ハードルでも良い結果を出せると思う」と手応えをつかんでいる様子。昨年の東京五輪は銀メダル。「このスタジアムは大好き。明日もいいレースをして、その日のベストのタイムを出したい」と意気込みを話した。

世界歴代5位の43秒45を持ち、100m9秒86、200m19秒70で史上2人目の9秒台・19秒台・43秒台スプリンターであるノーマン。昨年の東京五輪は5位だったが、4×400mリレーでは金メダルに輝いている。「また来日できることをうれしく思います」と笑顔を見せるノーマン。「東京五輪のパフォーマンスは好ましいものではなかったが、ここまで努力をしてきたので楽しみたい」と語る。まだシーズン序盤のため、「コーチからはゆっくり行けと言われている。44秒台が出ればいいな」と冗談めかして話した。

世界トップアスリートが競演するセイコーゴールデングランプリ。目が離せない一戦となりそうだ。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com