月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

相澤晃が27分42秒85でV 標準記録突破済みの田澤廉は即内定ならず/日本選手権男子10000m


◇日本選手権10000m(5月7日/国立競技場)

第106回日本選手権10000mが東京・国立競技場で行われ、2組タイムレースで行われた男子は、2組の相澤晃(旭化成)が27分42秒85で2年ぶり2度目の優勝を飾った。

5000mを13分49秒で通過したレースは、松枝博樹(富士通)、相澤晃(旭化成)、田澤廉(駒大)、伊藤達彦(Honda)、鎧坂哲哉(旭化成)らが先頭争いを展開。それでも徐々に先頭集団が搾られるなか、9000m付近で抜け出した相澤が制した。

昨年12月に世界選手権の参加標準記録(27分28秒00)を突破していた田澤廉(駒大)は終盤に遅れ、日本陸連の定める内定条件の3位以内に入れず10位どまり。現時点での代表内定は得られなかった。

■男子10000m上位成績
1位 相澤  晃(旭化成) 27.42.85
2位 伊藤 達彦(Honda)  27.47.40
3位 市田  孝(旭化成) 27.49.12
4位 大池 達也(トヨタ紡織) 27.53.79
5位 太田 智樹(トヨタ自動車) 27.54.88
6位 松枝 博輝(富士通) 27.57.22
7位 森山 真伍(YKK) 27.59.90
8位 栃木  渡(日立物流) 28.02.47

タグ:

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com