月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

27分台の記録を持つ荻久保寛也、田中秀幸、中大ルーキーの吉居駿恭らが日本選手権10000mを欠場


日本陸連は7日、当日に行われる日本選手権10000mの欠場者を発表した。

男子では2組目に出場予定だった荻久保寛也(ヤクルト)が左足首捻挫のため棄権。昨年の八王子ロングディスタンスで27分44秒74をマークし、4月24日の日体大長距離競技会でも5000mで13分37秒70のセカンドベストで走るなど、入賞も期待されていた。同じく10000m27分台のベストを持つ田中秀幸(トヨタ自動車)も左ふくらはぎ痛のため出場を取り止めた。また、昨年11月にU20歴代6位の28分11秒96で走っている吉居駿恭(中大)も調整不足のため欠場する。

女子ではオレゴン世界選手権の参加標準記録を突破していた不破聖衣来(拓大)が右梨状筋故障による調整不足のため棄権する。

日本選手権10000mは今日5月7日、東京・国立競技場で行われ、男子の1組目が19時03分にスタート。女子10000mは19時44分に、男子2組目が20時24分から行われる。7月のオレゴン世界選手権の代表選考を兼ねており、参加標準記録(男子27分28秒00、女子31分25秒00)の突破者で、3位以内に入った選手は代表に内定する。

■日本選手権10000m欠場者
<男子>
前田将太(日立物流)  コンディション不良のため
鈴木聖人(旭化成)   体調不良のため
中山 顕(Honda)    コンディション不良のため
藤木宏太(旭化成)   体調不良のため
吉居駿恭(中央大)   調整不足のため
坂東 剛(大阪ガス)  故障のため
荻久保寛也(ヤクルト) 左足首捻挫のため
田中秀幸(トヨタ自動車) 左ふくらはぎ痛のため
<女子>
不破聖衣来(拓大)  右梨状筋故障による調整不足のため

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com