月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

走高跳は真野友博が2m27でV「勝ち切れて良かった」セイコーGGPで2m33狙う/静岡国際


◇静岡国際(5月3日/静岡・エコパスタジアム)

日本グランプリシリーズ静岡大会の静岡国際が行われ、男子走高跳は真野友博(九電工)が優勝した。

「調子が良くて身体も動いていました」という真野。赤松諒一(アワーズ)との一騎打ちとなったが、「他の選手を気にせず」2m27をクリアして優勝を決めた。「2m33を跳びたかった」とオレゴン世界選手権の参加標準記録をターゲットに定めていたが、「勝ち切れて良かったです」とホッとした表情を浮かべる。

2m31の自己ベストを持つ真野だが、昨年は「出られそうだった」東京五輪に届かず悔しさを味わった。五輪の結果を踏まえても「決勝に行けていたな」と感じたという。冬はこれまでと大きくトレーニングメニューは変えず土台をアップ。その中で、「走り込みでスピードアップ」してきた。結果的に春先はスピードが上がって「助走の前半の安定感がなかった」が、ここに来てしっかり合わせてきた。

次戦は週末のセイコーゴールデングランプリ。「2m30、そして2m33を跳びたい。今年の一番のターゲットは世界選手権です」と力強く宣言した。

日本記録を持つ戸邉直人(JAL)は2m15の8位にとどまった。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com