月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

田中希実が800m2分03秒10!2日前棄権も問題なし「もう少し良いタイムが出れば」/静岡国際


◇静岡国際(5月3日/静岡・エコパスタジアム)

日本グランプリシリーズ静岡大会の静岡国際が行われ、女子800mに田中希実(豊田自動織機)が出場した。2日前の木南記念は右太腿の違和感のため棄権。「大事をとって」とのことで、右脚にテープをほどこしていたが「痛みではない」と、元気にスタートラインにたった。

スタート直後は「他の選手と違ってスピードがなく、ガツンと入ると後半までもたない」と後方から徐々に上げていく。残り300m付近で一気に前に出ると、最後は力強いスパートで制した。昨年出した自己記録2分02秒36(日本歴代5位)には届かなかったが、2分03秒10をマーク。「去年と同じくらいのスピードが出ていました。もう少し良いタイムが出ればよかったですが」と及第点を与えた。

2分切りについてのプランには「60秒で入って、59秒で上がる」。今回も後半にペースアップできたことを収穫にしていた。800mは「アジア大会の出場権」を狙っているという。今後は週末のセイコーゴールデングランプリ1500mを経て、「日本代表ではなく個人で海外遠征を経験したい」とダイヤモンドリーグなど海外遠征を視野に入れる。日本選手権は800mと、世界選手権の参加標準記録を突破済みの1500m、5000mにエントリー予定で、「800mで世界を目指せる状況でなければ、残りの2種目に絞るかもしれません」と語った。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com