HOME ニュース、海外

2022.05.01

女子ハンマー投のジョイ・マッカーサーが日本歴代4位の66m61をスロー! 2月に米国籍から日本国籍に変更
女子ハンマー投のジョイ・マッカーサーが日本歴代4位の66m61をスロー! 2月に米国籍から日本国籍に変更

4月30日、米国カリフォルニア州のロサンゼルスで南カリフォルニア大とカリフォルニア大学ロサンゼルス校の対校戦が行われ、女子ハンマー投でジョイ・マッカーサー(南カリフォルニア大)が66m61の日本歴代4位の記録で優勝した。

マッカーサーは1投目から65m88をスロー。1年前に出した自己記録(65m43)を塗り替えると、3投目に65m95と記録を伸ばし、続く4投目に自身初の66m台となる66m61を投げた。

南カリフォルニア大の大学院生のマッカーサーは16年の全米ジュニア選手権で62m07を投げて優勝。同年のU20世界選手権には米国代表として出場経験も持つ。

父のエリックさんはバスケットボールの元日本代表。米国と日本の両国籍を保持していたが、今年2月に世界陸連から国籍の変更が認められ、以降は日本国籍で競技を続けている。

■女子ハンマー投日本歴代10傑
67.77 室伏 由佳(ミズノ)           2004年
67.26 綾  真澄(丸善工業)          2006年
66.79 渡邊  茜(丸和運輸機関)        2016年
66.61 ジョイ・マッカーサー(南カリフォルニア大)2022年
65.32 勝山 眸美(オリコ)           2018年
64.44 佐伯 珠実(チャンピオン)        2019年
62.88 村上 来花(弘前実高3青森)       2021年
62.08 小舘 充華(染めQ)           2021年
62.02 浅田 鈴佳(武庫川女大クラブ)      2017年
61.52 知念 春乃(日本体育施設)        2014年

4月30日、米国カリフォルニア州のロサンゼルスで南カリフォルニア大とカリフォルニア大学ロサンゼルス校の対校戦が行われ、女子ハンマー投でジョイ・マッカーサー(南カリフォルニア大)が66m61の日本歴代4位の記録で優勝した。 マッカーサーは1投目から65m88をスロー。1年前に出した自己記録(65m43)を塗り替えると、3投目に65m95と記録を伸ばし、続く4投目に自身初の66m台となる66m61を投げた。 南カリフォルニア大の大学院生のマッカーサーは16年の全米ジュニア選手権で62m07を投げて優勝。同年のU20世界選手権には米国代表として出場経験も持つ。 父のエリックさんはバスケットボールの元日本代表。米国と日本の両国籍を保持していたが、今年2月に世界陸連から国籍の変更が認められ、以降は日本国籍で競技を続けている。 ■女子ハンマー投日本歴代10傑 67.77 室伏 由佳(ミズノ)           2004年 67.26 綾  真澄(丸善工業)          2006年 66.79 渡邊  茜(丸和運輸機関)        2016年 66.61 ジョイ・マッカーサー(南カリフォルニア大)2022年 65.32 勝山 眸美(オリコ)           2018年 64.44 佐伯 珠実(チャンピオン)        2019年 62.88 村上 来花(弘前実高3青森)       2021年 62.08 小舘 充華(染めQ)           2021年 62.02 浅田 鈴佳(武庫川女大クラブ)      2017年 61.52 知念 春乃(日本体育施設)        2014年

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.21

ゴールドコーストマラソンに川内優輝、小山裕太、川内理江ら日本人選手多数招待! 7月7日開催

7月7日に行われる第44回ゴールドコーストマラソンに先立ち、大会事務局は6月20日、21日に男女の招待選手を発表した。 日本からは男女17人の選手が招待。男子ではパリ五輪マラソンの補欠に選ばれている川内優輝(あいおいニッ […]

NEWS 棒高跳アジア記録保持者・オビエナ シーズンベストの5m97! 砲丸投・ファブリは大会新V/WAコンチネンタルツアー

2024.06.21

棒高跳アジア記録保持者・オビエナ シーズンベストの5m97! 砲丸投・ファブリは大会新V/WAコンチネンタルツアー

6月20日、ポーランド・ビドゴシュチでWAコンチネンタルツアー・ゴールドのイレーナ・シェビンスカ記念が開催され、男子棒高跳ではオレゴン世界選手権銀メダルのE.J.オビエナ(フィリピン)が5m97で優勝した。 6m00のア […]

NEWS 泉谷駿介 パリ五輪メダルに向け「自分の力を出し切れるように」

2024.06.20

泉谷駿介 パリ五輪メダルに向け「自分の力を出し切れるように」

男子110mハードルで今夏のパリ五輪代表に内定している泉谷駿介(住友電工)が6月20日、都内で行われたナイキのイベントに出席。五輪に向けての意気込みなどを語った。 泉谷は昨年のブダペスト世界選手権で5位に入賞。4月20日 […]

NEWS エリヨン・ナイトンの暫定資格停止処分が解除 ドーピング検査陽性反応も「過失なし」で五輪選考会出場へ

2024.06.20

エリヨン・ナイトンの暫定資格停止処分が解除 ドーピング検査陽性反応も「過失なし」で五輪選考会出場へ

6月19日、米国アンチドーピング機構(USADA)は、男子短距離のエリヨン・ナイトン(米国)の暫定資格停止処分を解除することを発表した。 20歳のナイトンは昨年のブダペスト世界選手権200m銀メダリスト。17歳だった21 […]

NEWS 五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

2024.06.19

五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

第108回日本選手権・混成競技が6月22、23日に岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われる。パリ五輪代表選考会を兼ねた一戦の注目選手を見ていく。 男子十種競技の優勝候補は丸山優真(住友電工)。前回は7816点で初優勝 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top