月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

400mH黒川和樹がオレゴン世界選手権の参加標準記録突破!「ホッとしています」自身3度目の48秒台/木南記念


◇木南記念(4月30日・5月1日/大阪・ヤンマースタジアム長居)2日目

日本グランプリシリーズ大阪大会の木南記念の2日目、男子400mハードルは東京五輪代表の黒川和樹(法大)が48秒90をマークして優勝。オレゴン世界選手権の参加標準記録をピッタリ突破してみせた。

「今年は48秒台を狙ったレースで49秒台が続いていたので、参加標準記録を切れてホッとしています」と黒川。持ち味の前半からの加速は圧巻だった。しかし、その中でもがむしゃらに攻めるのではなく「リズムを意識して」スピードを上げる。その結果、課題だった5台目から6台目に13歩から14歩へ切り替える際に「つながらなかったところがうまく上げられて、後半も走れました」とレースを振り返った。

昨年のREADY STEADY TOKYOと日本選手権で2度48秒台をマーク。その勢いに乗って日本選手権を制して東京五輪代表にまでなった。しかし、オリンピックで海外勢の迫力に気圧され、自分の走りを見失いそうになったという。五輪を経験し、冬季は「上半身のウエイトトレーニングをした」結果、「腕振りでもリズムをとれるようになりました」と成果を感じている。昨年は「出ちゃった48秒」だったが、「狙って48秒台が出せた」と大きな自信を得た。

来週のセイコーゴールデングランプリでは、世界トップハードラーの一人ライ・ベンジャミン(米国)とも対戦。「世界の選手に惑わされず自分の走りをしたい」。今季の目標に掲げる世界選手権入賞とアジア大会メダル獲得へ。伝統を誇る法大ハードラーの若きホープがさらに加速していく。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com