月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

セイコーゴールデンGPやり投エントリー選手発表! 北口榛花と東京五輪銅バーバーのビッグスロー対決 男子はディーン元気が参戦


セイコーゴールデングランプリ(5月8日/東京・国立競技場)の男女やり投にエントリーした日本人選手が4月18日、日本陸連から発表された。

女子は日本記録(66m00)保持者の北口榛花(JAL)、日本歴代4位の62m39を持つ武本紗栄(佐賀県スポーツ協会)、同6位(61m75)の上田百寧(ゼンリン)の3人。この種目には東京五輪銅メダリストで67m70の自己ベストを持つケルシー・バーバー(豪州)ら海外勢のエントリーが発表されており、ビッグスローに目が離せない。

男子は84m28(日本歴代4位)のディーン元気(ミズノ)、82m52(日本歴代5位)の記録を持ち、昨年の日本選手権王者・小南拓人(染めQ)、81m63(日本歴代8位)の小椋健司(栃木県スポーツ協会)の3人。オレゴン世界選手権の参加標準記録(85m00)突破できるかに注目だ。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com