月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

世界選手権銀のゲレメウが2時間4分43秒で制す 女子はケニアから国籍変更のメリーが自己新V/ソウル・マラソン


写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)

4月17日、韓国でソウル・マラソンが開催され、男子はM.ゲレメウ(エチオピア)が2時間4分43秒で、女子はJ.C.メリー(ルーマニア)が2時間18分04秒で優勝し、男女ともに大会記録を更新する高速レースとなった。

男子は14人の集団が20kmを58分43秒で通過すると、35km手前で19年ドーハ世界選手権の銀メダリストのゲレメウとH.ネゲサ(エチオピア)が抜け出す展開に。40km過ぎでゲレメウがペースを上げると、そのままトップでゴールした。ネゲサが2時間4分49秒で続き、3位には南米記録を1分以上塗り替えたD.ナシメント(ブラジル)が入った。

女子を制したメリーはケニア出身の31歳で、昨年からルーマニアに国籍を変更。今回が4回目のマラソンで、これまでの自己記録2時間20分57秒)を3分近く更新した。2位にはS.A.ケベデ(エチオピア)が2時間18分12秒で続いた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com