月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

世界選手権マラソン代表 女子は一山麻緒、松田瑞生、新谷仁美が内定

3月29日に日本陸連の理事会が行われ、今年7月にオレゴン(米国)で開催される世界選手権の男女マラソン代表が決定。女子は一山麻緒(ワコール)、松田瑞生(ダイハツ)、新谷仁美(積水化学)の3名が内定を得た。

3月6日の東京マラソンでセカンドベストの2時間21分02秒で日本人トップの6位に入った一山は、2021年からスタートしたジャパンマラソンチャンピオンシップシリーズ(JMC シリーズ)の初代チャンピオンに輝き、24日にいち早く代表内定が発表されていた。

1月の大阪国際女子マラソンで日本歴代5位の2時間20分52秒で優勝した松田が順当に2枠目を獲得。3枠目は東京で2時間21分17秒をマークしていた新谷と、3月13日の名古屋ウィメンズマラソンで日本人トップの3位(2時間22分22秒)に入った安藤友香(ワコール)の争いと見られたが、タイムで勝る新谷が選ばれた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com