月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

世界陸上マラソン代表・一山麻緒「五輪以上の順位を」初代表の鈴木健吾「万全な状態でスタートに」

オレゴン世界選手権のマラソン代表に選ばれた男子の鈴木健吾(富士通)と女子の一山麻緒(ワコール)がオンラインで会見に登壇した。

夫婦で世界選手権代表を勝ち取った鈴木と一山。初の世界大会となる鈴木は「先頭集団で勝負したい。タイムよりも順位」と意気込みを語った。一方、昨年の東京五輪で8位入賞を果たした一山は「オリンピックの8位は満足いっていないので、それ以上の順位を目指していきたい」と話す。五輪の経験から「後半はただ身体を動かすだけになってしまったので、脚を残してもう一段かいペースアップできるようにしたいです」と展望した。

4月から資生堂に移籍する一山は「結婚を機に関東での拠点を探した時に、資生堂の魅力に惹かれました。心機一転、楽しみです」と改めて心境を明かしている。

ともに「ケガなくスタートラインに立ちたい」と語った鈴木と一山。夫婦で挑むオレゴン世界選手権でどんな走りを見せるだろうか。

男子マラソン代表はこちら
女子マラソン代表はこちら

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com