HOME ニュース、海外

2022.03.20

最速ジェイコブスが60mでも世界一!走高跳はウクライナのマフチフが母国に捧ぐV/世界室内
最速ジェイコブスが60mでも世界一!走高跳はウクライナのマフチフが母国に捧ぐV/世界室内


写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)
◇世界室内選手権(3月18日~20日/セルビア・ベオグラード)

2年に1度行われる世界室内選手権の2日目が行われ、男子60mは、東京五輪100m金メダルのL.M.ジェイコブス(イタリア)が今季世界最高、室内世界歴代4位タイの6秒41で優勝した。この種目の世界記録保持者C.コールマン(米国)も同タイムのシーズンベストだったが、着差ありで2位となった。コールマンはドーピング違反により出場停止処分を受けており、19年ドーハ世界選手権優勝以来の世界大会。3位にはM.ブレイシー(米国)が自己新の6秒44で続いた。

広告の下にコンテンツが続きます

男子砲丸投は東京五輪4位のD.ロマーニ(ブラジル)22m53の大会新、南米室内新、室内世界歴代4位でV。屋外・室内ともに世界記録を持っているR.クルーザー(米国)を破っての大金星だった。クルーザーは22m44で2位。3位のT.ウォルシュ(ニュージーランド)は22m31でオセアニア室内記録を更新した。

男子400mはD.リチャーズ(トリニダード・トバゴ)が屋外の自己記録を上回る自己新の45秒00で大会記録V。リチャーズは17年ロンドン世界選手200m銅メダルのなど主に200mで実績を持ち、400mでは国際大会初制覇だった。女子1500mはこの種目の世界記録保持者G.ツェガイ(エチオピア)が3分57秒19の大会新で制した。

女子400mは五輪2連覇(16年リオ、21年東京)のS.ミラー・ウイボ(バハマ)がシーズンベストの50秒31で2位以下に0.2秒以上差をつける圧勝。2位には400mハードルで東京五輪銅メダルのF.ボル(オランダ)が50秒57で続いた。

午前中のセッションで行われた女子走高跳は屋外のU20世界記録保持者で19年世界選手権銀メダルのY.マフチフ(ウクライナ)が2m02の今季世界最高で勝利。2位のE.パターソン(豪州)は2m00、3位のN.ドゥボビツカヤ(カザフスタン)は1m98で、それぞれエリアレコードを更新した。女子棒高跳は東京五輪銀メダルのS.モリス(米国)が4m80のシーズンベストで世界室内選手権2連覇を果たした。

広告の下にコンテンツが続きます

男子七種競技は東京五輪金メダルのD.ワーナー(カナダ)が今季世界最高の6489点で優勝。6種目終了時点でワーナーに23点差のトップに立ったS.エホマー(スイス)は最終種目の1000mでワーナーに逆転を許し6363点の2位だったが、自己記録を更新してスイス室内記録を樹立した。M.モロネー(豪州)がオセアニア室内記録の6344点で3位に入った。女子60mハードルは21歳のC.サンバ・メエラ(フランス)が7秒78のフランス室内新で優勝している。

大会は20日まで行われ、WAのYouTubeでライブストリーミングが視聴可能。WAのホームページでもライブリザルトを掲載している。

写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT) ◇世界室内選手権(3月18日~20日/セルビア・ベオグラード) 2年に1度行われる世界室内選手権の2日目が行われ、男子60mは、東京五輪100m金メダルのL.M.ジェイコブス(イタリア)が今季世界最高、室内世界歴代4位タイの6秒41で優勝した。この種目の世界記録保持者C.コールマン(米国)も同タイムのシーズンベストだったが、着差ありで2位となった。コールマンはドーピング違反により出場停止処分を受けており、19年ドーハ世界選手権優勝以来の世界大会。3位にはM.ブレイシー(米国)が自己新の6秒44で続いた。 男子砲丸投は東京五輪4位のD.ロマーニ(ブラジル)22m53の大会新、南米室内新、室内世界歴代4位でV。屋外・室内ともに世界記録を持っているR.クルーザー(米国)を破っての大金星だった。クルーザーは22m44で2位。3位のT.ウォルシュ(ニュージーランド)は22m31でオセアニア室内記録を更新した。 男子400mはD.リチャーズ(トリニダード・トバゴ)が屋外の自己記録を上回る自己新の45秒00で大会記録V。リチャーズは17年ロンドン世界選手200m銅メダルのなど主に200mで実績を持ち、400mでは国際大会初制覇だった。女子1500mはこの種目の世界記録保持者G.ツェガイ(エチオピア)が3分57秒19の大会新で制した。 女子400mは五輪2連覇(16年リオ、21年東京)のS.ミラー・ウイボ(バハマ)がシーズンベストの50秒31で2位以下に0.2秒以上差をつける圧勝。2位には400mハードルで東京五輪銅メダルのF.ボル(オランダ)が50秒57で続いた。 午前中のセッションで行われた女子走高跳は屋外のU20世界記録保持者で19年世界選手権銀メダルのY.マフチフ(ウクライナ)が2m02の今季世界最高で勝利。2位のE.パターソン(豪州)は2m00、3位のN.ドゥボビツカヤ(カザフスタン)は1m98で、それぞれエリアレコードを更新した。女子棒高跳は東京五輪銀メダルのS.モリス(米国)が4m80のシーズンベストで世界室内選手権2連覇を果たした。 男子七種競技は東京五輪金メダルのD.ワーナー(カナダ)が今季世界最高の6489点で優勝。6種目終了時点でワーナーに23点差のトップに立ったS.エホマー(スイス)は最終種目の1000mでワーナーに逆転を許し6363点の2位だったが、自己記録を更新してスイス室内記録を樹立した。M.モロネー(豪州)がオセアニア室内記録の6344点で3位に入った。女子60mハードルは21歳のC.サンバ・メエラ(フランス)が7秒78のフランス室内新で優勝している。 大会は20日まで行われ、WAのYouTubeでライブストリーミングが視聴可能。WAのホームページでもライブリザルトを掲載している。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.20

女王・北口榛花が渡欧前に弾みの逆転V!「余力が残っている状態で勝てた」パリに向かって“チーム一丸”/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が63m45のシーズンベストを投げて優勝 […]

NEWS 遠藤日向が復活!今季初戦で13分20秒28 初五輪へ「最低限良かった」/セイコーGGP

2024.05.20

遠藤日向が復活!今季初戦で13分20秒28 初五輪へ「最低限良かった」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子5000mはイマニエル・マル(トヨタ紡織)が13分18秒94で優勝 […]

NEWS 400mH豊田兼が日本歴代5位の48秒36 波乱の100mは栁田V サニブラウン、坂井はアクシデント/セイコーGGP

2024.05.20

400mH豊田兼が日本歴代5位の48秒36 波乱の100mは栁田V サニブラウン、坂井はアクシデント/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われた。 広告の下にコンテンツが続きます 男子400mハードルで好記録が誕生 […]

NEWS 400mH山本竜大が49秒96でV 200mは山路康太郎が20秒63で快勝/東日本実業団

2024.05.20

400mH山本竜大が49秒96でV 200mは山路康太郎が20秒63で快勝/東日本実業団

◇第66回東日本実業団選手権(5月18日~19日/埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場) 5月20日、東日本実業団選手権の最終日が行われ、男子400mハードルは山本竜大(SEKI A.C.)が49秒96で優勝を飾った。 […]

NEWS 【高平慎士の視点】日本スプリントを背負い始めた栁田大輝の覚悟 サニブラウン、坂井隆一郎は存在感と課題

2024.05.20

【高平慎士の視点】日本スプリントを背負い始めた栁田大輝の覚悟 サニブラウン、坂井隆一郎は存在感と課題

国立競技場で開催されたセイコーゴールデングランプリ(5月19日)の男子100mは、昨年のブダペスト世界陸上代表のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)、坂井隆一郎(大阪ガス)、栁田大輝(東洋大)がそろい踏みしたなか、栁 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top