月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

生ける伝説エリウド・キプチョゲ「スポーツ、走ることで平和をもたらしましょう」東京マラソン優勝会見要旨

東京マラソンで圧巻の走りを見えたエリウド・キプチョゲ(ケニア)。世界記録を持ち、オリンピックは連覇、そして37歳となった今も世界のトップを走り、自己3番目の記録となる2時間2分40秒で東京の街を駆け抜けた。

優勝会見で語ったのは、「強さを見せられた」ということと、走ることへの愛情。そして、平和への思いだった。

「本当にハッピー。日本に来ることができてうれしい。大会記録で勝てたのはうれしいですし、応援してくれた人、都民のみなさんに感謝します。2日前の会見でも言いましたが、強さを見せられたと思います」

「36kmすぎに飛び出したのは、いいタイムが出せていて、楽しかったから。走ることに対する愛情で飛び出したのです」

「東京を走れて本当にうれしかった。元々は(オリンピックで)都内を走る予定だったが、今も状況が続いている(コロナ禍の)状況ですが、それによって札幌に移りました。前から東京に来たいと約束していました。今回、多くの人にインスピレーションを見せられた。チームで結束すれば、何か変化を見せられる。目標に向かってまとまることの大切さを伝えられたと思う」

「今回、東京で大会記録を更新するという目標を達成できた。次は、一度また計画を立て直して、マネジャーとどういう目標を立てるか話し合う。僕らは単独ではなく集団で努力している。チームで団結するからこそ勝つことができる。だからチームで次の目標を設定したい」

「最後に、今日は本当にありがとうごじあました。ひとつに団結して、平和をもたらしましょう。それができるのはスポーツしかないのです。今、世界は困難な状況にあります。戦争などは打ち負かしましょう。団結すれば必ず解決策が見出せます。世の中には問題を起こす人と、問題を解決する人という2つが存在する。我々は問題を解決する人のグループになりましょう。それが我々の目的です」

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com