HOME アイテム

2019.11.23

【アイテム】ロジャー・フェデラー選手が「On」に加入
【アイテム】ロジャー・フェデラー選手が「On」に加入

【アイテム】
ロジャー・フェデラー選手が「On(オン)」に加入
2020年には共同開発モデルが発売予定

ランニングシューズなどを手がけるパフォーマンスブランド「On(オン)」のシニアチームメンバーに、プロテニス選手のロジャー・フェデラー氏が加入することが同社から発表された。

2020年にはフェデラー氏も開発に携わったニューモデルが登場する予定
フェデラー氏は世界で最も成功したアスリートとしての知見を活かし、投資家として、アドバイザーとして、Onのオペレーションに密接に関わっていく予定。製品開発やスポーツマーケティング、チームカルチャーの醸成などをサポートするという。

この提携はパートナーシップ契約やスポーツブランドとアスリートとのスポンサーシップ契約ではなく、フェデラー氏はOnから給与を受け取らない。ブランドの成長に伴い、貢献度に応じた報酬が還元されるというかたちだ。

すでにフェデラー氏はシニアチームメンバーの一員として2020年発売予定のニューモデルの開発に取り組んでいるという。

2010年にスイスで誕生したパフォーマンスブランド「On」

関係各位のコメント

●オリヴィエ・ベルンハルド(On共同創業者)

「ロジャーが長年Onを愛用していたことがきっかけで、私たちは出会いました。彼との友好が深まるにつれ、テニスコートを離れた競技以外の部分でも、彼は優れたリーダーであり、新たなことに挑戦する起業家精神をもっていることを知りました。
デザインとイノベーションに情熱を注ぐ私たちと同じ価値観を共有しているロジャーがOnのメンバーとなることで、とてつもない化学反応が起こると確信しています。」

●ロジャー・フェデラー(プロテニス選手)

「私はOnとそのプロダクトが好きで、ファンとして長年愛用してきました。Onの創業者たちと話してOnを知れば知るほど、単にスイス出身ということ以外にも、私たちの間にはたくさんの共通点があると気づいたのです。
Onのチームメンバーに加わり、アスリートとしての経験を生かし、この若いパフォーマンスブランドのさらなる成功にどのように貢献できるのか。それを考えると今からとてもワクワクしています」

フェデラー氏Profile

芝コートでは無類の強さを誇り、ツアー通算歴代最多111勝。1世紀を超えるテニス史で築かれた数々の記録を塗り替えてきたことから、史上最高のテニスプレーヤーとの呼び声も高い。

生年月日:1981年8月8日
出身:スイス、バーゼル
身長:185cm 体重:85kg
利き手:右 バックハンド:片手
最高ランキング:1位
主な成績
全豪オープン シングルス優勝(6回)
全仏オープン シングルス優勝(1回)
ウィンブルドン シングルス優勝(8回)
全米オープン シングルス優勝(5回)
2008年北京五輪 ダブルス金メダル
2012年ロンドン五輪 シングルス銀メダル

<関連リンク>
「オン・ジャパン」公式サイト

【アイテム】 ロジャー・フェデラー選手が「On(オン)」に加入 2020年には共同開発モデルが発売予定

ランニングシューズなどを手がけるパフォーマンスブランド「On(オン)」のシニアチームメンバーに、プロテニス選手のロジャー・フェデラー氏が加入することが同社から発表された。 2020年にはフェデラー氏も開発に携わったニューモデルが登場する予定 フェデラー氏は世界で最も成功したアスリートとしての知見を活かし、投資家として、アドバイザーとして、Onのオペレーションに密接に関わっていく予定。製品開発やスポーツマーケティング、チームカルチャーの醸成などをサポートするという。 この提携はパートナーシップ契約やスポーツブランドとアスリートとのスポンサーシップ契約ではなく、フェデラー氏はOnから給与を受け取らない。ブランドの成長に伴い、貢献度に応じた報酬が還元されるというかたちだ。 すでにフェデラー氏はシニアチームメンバーの一員として2020年発売予定のニューモデルの開発に取り組んでいるという。 2010年にスイスで誕生したパフォーマンスブランド「On」

関係各位のコメント

●オリヴィエ・ベルンハルド(On共同創業者) 「ロジャーが長年Onを愛用していたことがきっかけで、私たちは出会いました。彼との友好が深まるにつれ、テニスコートを離れた競技以外の部分でも、彼は優れたリーダーであり、新たなことに挑戦する起業家精神をもっていることを知りました。 デザインとイノベーションに情熱を注ぐ私たちと同じ価値観を共有しているロジャーがOnのメンバーとなることで、とてつもない化学反応が起こると確信しています。」 ●ロジャー・フェデラー(プロテニス選手) 「私はOnとそのプロダクトが好きで、ファンとして長年愛用してきました。Onの創業者たちと話してOnを知れば知るほど、単にスイス出身ということ以外にも、私たちの間にはたくさんの共通点があると気づいたのです。 Onのチームメンバーに加わり、アスリートとしての経験を生かし、この若いパフォーマンスブランドのさらなる成功にどのように貢献できるのか。それを考えると今からとてもワクワクしています」

フェデラー氏Profile

芝コートでは無類の強さを誇り、ツアー通算歴代最多111勝。1世紀を超えるテニス史で築かれた数々の記録を塗り替えてきたことから、史上最高のテニスプレーヤーとの呼び声も高い。 生年月日:1981年8月8日 出身:スイス、バーゼル 身長:185cm 体重:85kg 利き手:右 バックハンド:片手 最高ランキング:1位 主な成績 全豪オープン シングルス優勝(6回) 全仏オープン シングルス優勝(1回) ウィンブルドン シングルス優勝(8回) 全米オープン シングルス優勝(5回) 2008年北京五輪 ダブルス金メダル 2012年ロンドン五輪 シングルス銀メダル <関連リンク> 「オン・ジャパン」公式サイト

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.28

サニブラウンが抱く日本陸上界への想い「小中高生にいろんな機会、チャンスを作りたい」主催大会DAWN GAMESを発足

2022年オレゴン、2023年ブダペストと、世界選手権100mで2大会連続ファイナルに進んでいるサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)。15歳で世界デビューしてから、海外留学やプロ宣言など、数々の挑戦を続けてきた男が、 […]

NEWS ルーキー・森千莉が女子800m大会新V 女子4×100mRは中京大が大学新記録で栄冠/東海IC

2024.05.28

ルーキー・森千莉が女子800m大会新V 女子4×100mRは中京大が大学新記録で栄冠/東海IC

◇第90回東海インカレ(5月24~26日/岐阜・長良川競技場) 東海インカレが5月24日から26日までの3日間行われ、女子800mで1年生の森千莉(至学館大)が2分07秒73の大会新記録で優勝した。これまでの大会記録は竹 […]

NEWS 走幅跳・植村哲平が7m71で大会新V 井戸優希は男子400m、800m、4×400mR3冠 女子総合は北大が初優勝/北海道IC

2024.05.28

走幅跳・植村哲平が7m71で大会新V 井戸優希は男子400m、800m、4×400mR3冠 女子総合は北大が初優勝/北海道IC

◇第76回北海道インカレ(5月24~26日/札幌円山競技場) 北海道インカレが5月24日から26日までの3日間行われ、男子走幅跳では植村哲平(東海大北海道)が7m71(+1.9)の大会新ならびに自己新記録で優勝を飾った。 […]

NEWS 五輪内定の泉谷駿介はじめ、多田修平、黒川和樹が欠場発表/関西実業団

2024.05.28

五輪内定の泉谷駿介はじめ、多田修平、黒川和樹が欠場発表/関西実業団

関西実業団連盟は5月27日、第68回関西実業団選手権(5月31日~6月2日、ヤンマースタジアム長居)の欠場者リストを発表した。 男子110mハードルでパリ五輪代表に内定している泉谷駿介(住友電工)は100m、400mハー […]

NEWS 100mH別所みゆが13秒83 女子100m、200mは開星・永岡璃紗、畑心海がワンツー 男子400m筧光希也が大会新V/IH島根県大会

2024.05.28

100mH別所みゆが13秒83 女子100m、200mは開星・永岡璃紗、畑心海がワンツー 男子400m筧光希也が大会新V/IH島根県大会

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 島根県大会は5月24日~26日の3日間、浜山公園陸上競技場で行われ、各種目で好勝負が演じられた […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top