HOME 国内

2019.11.25

【Headline】クイーンズ駅伝、10000m記録挑戦競技会、箱根駅伝関連記事など
【Headline】クイーンズ駅伝、10000m記録挑戦競技会、箱根駅伝関連記事など

1週間の陸上ニュースを振り返る!
クイーンズ駅伝、10000記録挑戦競技会、箱根駅伝関連記事など
(11月18日~11月24日)

クイーンズ駅伝リザルト
10000m記録挑戦競技会リザルト
http://gold.jaic.org/jaic/member/tokyo/2019r/2019long/kyougi1.html#KY00

11月18日
吉冨博子、吉田香織をさいたま国際女子マラソン招待(日刊スポーツ)
さいたま国際に吉富、吉田 五輪代表ラスト1枠争う(サンスポ)
吉田香織、吉冨博子を招待(時事通信)
山学大・渡辺が学生連合入り チームの分まで記録会で自己新(スポーツ報知)
札幌開催の五輪マラソンと競歩、大通公園発着と発表(日刊スポーツ・共同通信)
五輪男子マラソン8・9で調整、札幌で表彰式案も(日刊スポーツ)
東京(札幌)五輪マラソン代表の服部勇馬「来年の4、5月頃に下見したい」(スポーツ報知)
11月19日
瀬古リーダー、五輪マラソンコース「早く決めて」(スポーツ報知)
五輪マラソン、瀬古リーダーは暑い時間要望(サンスポ)
瀬古氏 五輪マラソンの大通公園発着周回コース案に理解「応援しやすいし、警備もしやすい」(スポニチ)
バッハ会長の札幌案「大半の選手賛成」発言波紋 海外選手激怒「どこにいる?」「傲慢」(デイリースポーツ)
11月20日
東大の阿部飛雄馬が主将 箱根駅伝OP参加の関東学生連合チーム(スポーツ報知)
11月21日
競歩ナショナルチーム 宮崎市で強化合宿(テレビ宮崎)
「“理想の跳躍”で約束のメダルを~走り高跳び 戸邉直人~」(NHK)
11月22日
山梨学院大、1年で箱根路復帰へ「魅せろ紺青」(スポーツ報知)
ロシア連盟会長ら、反ドーピング規則違反で暫定処分(ロイター)
箱根駅伝OP参加の関東学生連合 選考レース行わずにメンバー決める(スポーツ報知)
11月23日
飯塚翔太、東京五輪イヤーへ 200メートルで「日本記録を更新したい」(スポーツ報知)
飯塚翔太20年は「200mで日本記録更新したい」(日刊スポーツ)
マイケル・ノーマン 東京五輪の目標は「もちろん金メダル」(スポニチ)
100周年をテーマに渡辺康幸さん、柏原竜二さんらが語り合う(スポーツ報知)
“2代目・山の神”柏原竜二さん 箱根駅伝は母校・東洋大が優勝と予想(スポニチ)
11月24日
鈴木亜由子が3区2位 けが鍋島の思い背負い力走(日刊スポーツ)
3年ぶりVの日本郵政 鈴木「ルーキーが流れつくってくれた」(産経新聞)
前田と小原擁する天満屋、中盤以降追い上げ4位(産経新聞)
リオ代表田中智美が来年2月で引退、MGC出場逃し(日刊スポーツ)
日本郵政グループが3年ぶりV/実業団女子駅伝詳細(日刊スポーツ)
日本郵政グループが3年ぶりV 鈴木亜由子、前田穂南との五輪マラソン代表対決制し貢献(スポニチ)
日本郵政Gが3年ぶり女王、1区から首位(サンスポ)
キプチョゲが最優秀選手 世界陸連の年間表彰(サンスポ・共同通信)
駒大のゴールデンルーキー田沢が1万mで28分13秒21 今季日本人学生最高(スポーツ報知)
青学大・原監督「箱根駅伝必勝パターンになってきた」1万メートル28分台8人(スポーツ報知)
山梨学院大・松倉、自己新でチーム日本人最高…1万メートル記録会(スポーツ報知)
箱根駅伝関東学生連合の山梨学院大・渡辺、狙い通り1万メートル自己新(スポーツ報知)
箱根目指す東大・阿部209位「対応できなかった」(日刊スポーツ)

1週間の陸上ニュースを振り返る! クイーンズ駅伝、10000記録挑戦競技会、箱根駅伝関連記事など (11月18日~11月24日) クイーンズ駅伝リザルト 10000m記録挑戦競技会リザルト http://gold.jaic.org/jaic/member/tokyo/2019r/2019long/kyougi1.html#KY00 11月18日 吉冨博子、吉田香織をさいたま国際女子マラソン招待(日刊スポーツ) さいたま国際に吉富、吉田 五輪代表ラスト1枠争う(サンスポ) 吉田香織、吉冨博子を招待(時事通信) 山学大・渡辺が学生連合入り チームの分まで記録会で自己新(スポーツ報知) 札幌開催の五輪マラソンと競歩、大通公園発着と発表(日刊スポーツ・共同通信) 五輪男子マラソン8・9で調整、札幌で表彰式案も(日刊スポーツ) 東京(札幌)五輪マラソン代表の服部勇馬「来年の4、5月頃に下見したい」(スポーツ報知) 11月19日 瀬古リーダー、五輪マラソンコース「早く決めて」(スポーツ報知) 五輪マラソン、瀬古リーダーは暑い時間要望(サンスポ) 瀬古氏 五輪マラソンの大通公園発着周回コース案に理解「応援しやすいし、警備もしやすい」(スポニチ) バッハ会長の札幌案「大半の選手賛成」発言波紋 海外選手激怒「どこにいる?」「傲慢」(デイリースポーツ) 11月20日 東大の阿部飛雄馬が主将 箱根駅伝OP参加の関東学生連合チーム(スポーツ報知) 11月21日 競歩ナショナルチーム 宮崎市で強化合宿(テレビ宮崎) 「“理想の跳躍”で約束のメダルを~走り高跳び 戸邉直人~」(NHK) 11月22日 山梨学院大、1年で箱根路復帰へ「魅せろ紺青」(スポーツ報知) ロシア連盟会長ら、反ドーピング規則違反で暫定処分(ロイター) 箱根駅伝OP参加の関東学生連合 選考レース行わずにメンバー決める(スポーツ報知) 11月23日 飯塚翔太、東京五輪イヤーへ 200メートルで「日本記録を更新したい」(スポーツ報知) 飯塚翔太20年は「200mで日本記録更新したい」(日刊スポーツ) マイケル・ノーマン 東京五輪の目標は「もちろん金メダル」(スポニチ) 100周年をテーマに渡辺康幸さん、柏原竜二さんらが語り合う(スポーツ報知) “2代目・山の神”柏原竜二さん 箱根駅伝は母校・東洋大が優勝と予想(スポニチ) 11月24日 鈴木亜由子が3区2位 けが鍋島の思い背負い力走(日刊スポーツ) 3年ぶりVの日本郵政 鈴木「ルーキーが流れつくってくれた」(産経新聞) 前田と小原擁する天満屋、中盤以降追い上げ4位(産経新聞) リオ代表田中智美が来年2月で引退、MGC出場逃し(日刊スポーツ) 日本郵政グループが3年ぶりV/実業団女子駅伝詳細(日刊スポーツ) 日本郵政グループが3年ぶりV 鈴木亜由子、前田穂南との五輪マラソン代表対決制し貢献(スポニチ) 日本郵政Gが3年ぶり女王、1区から首位(サンスポ) キプチョゲが最優秀選手 世界陸連の年間表彰(サンスポ・共同通信) 駒大のゴールデンルーキー田沢が1万mで28分13秒21 今季日本人学生最高(スポーツ報知) 青学大・原監督「箱根駅伝必勝パターンになってきた」1万メートル28分台8人(スポーツ報知) 山梨学院大・松倉、自己新でチーム日本人最高…1万メートル記録会(スポーツ報知) 箱根駅伝関東学生連合の山梨学院大・渡辺、狙い通り1万メートル自己新(スポーツ報知) 箱根目指す東大・阿部209位「対応できなかった」(日刊スポーツ)

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.30

2024年インターハイ地区大会情報

各地区で行われるインターハイ地区大会。全11地区分の大会関連ページ、結果ページです! インターハイ出場への道 ・各地区大会上位6位までがインターハイ出場 ※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで […]

NEWS アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

2024.05.30

アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

アディダス ジャパンは30日、東京・世田谷区の駒沢オリンピック公園総合運動場でランニングシリーズ「ADIZERO(アディゼロ)」の最新作シューズ「ADIZERO SL 2(アディゼロ エスエル ツー)」の商品プレゼンテー […]

NEWS 【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

2024.05.30

【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

山梨学大の上田誠仁顧問の月陸Online特別連載コラム。これまでの経験や感じたこと、想いなど、心のままに綴っていただきます! 第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」 5月のコラムは関東 […]

NEWS 【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

2024.05.30

【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

FOCUS! 高校生INTERVIEW 谷口 海斗 Taniguchi kaito 中京大中京高3愛知 注目の高校アスリートをフォーカスして紹介するコーナー!今回は男子棒高跳の谷口海斗選手(中京大中京高3愛知)です。昨年 […]

NEWS 新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

2024.05.30

新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

女子10000m日本記録保持者でマラソン日本歴代3位の記録を持つ新谷仁美(積水化学)が、5月30日に都内で行われた契約するアディダスのシューズイベントに出席した。 今年3月の東京マラソンで2時間21分50秒をマークして日 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top