月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

全国都道府県対抗男子駅伝が中止 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて2年連続開催できず


日本陸連は1月12日、広島で1月23日に開催される予定だった天皇盃第27回全国都道府県対抗男子駅伝を中止すると発表した。大会の中止は昨年に続いて2年連続。

発表によると、広島県内では1月に入り、新型コロナウイルス感染が急激に拡大して過去最多の感染者数の更新が繰り返され、9日から「まん延防止等重点措置」の適用を受けるなど深刻な状況が続いている。

これまで、感染防止対策を徹底して実施する方向で準備を進めてきたものの、他地域と比べ急激に感染拡大が進む広島県内の現状を踏まえて中止を決めた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com