月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

東京五輪代表トリニダード・トバゴのレンドール氏が交通事故死 五輪3大会代表


写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)

トリニダード・トバゴの男子短距離選手・D.レンドール氏が死去したことがわかった。29歳だった。10日夜、米国・テキサス州で交通事故に遭い死亡したと報じられている。

レンドール氏は4×400mリレーで2012年ロンドン五輪銅メダル、15年北京世界選手権銀メダルなど何度も国際大会で入賞。19年に横浜で開催された世界リレーでは優勝を果たしていた。

昨年の東京五輪の4×400mリレーでは1走を務めて8位入賞。同大会では個人の400mでも準決勝に進出している。400mの自己記録は44秒36(14年)、室内では400mと4×400mリレーの2種目でトリニダード・トバゴの室内記録を樹立した(45秒03/14年、3分02秒52/18年)。


19年世界リレーでも優勝を飾った

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com