月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男子20kmは立命大・石田昴が自己新の1時間20分22秒で初V、世界記録保持者の鈴木雄介は欠場/元旦競歩


◇第70回元旦競歩(東京・神宮外苑)

第70回元旦競歩は1月1日、東京・神宮外苑絵画館20km競歩路コースで行われ、男子大学・一般20kmでは石田昴(立命大)が自己ベストの1時間20分22秒で初優勝した。この種目にエントリーしていた世界記録(1時間16分36秒)保持者の鈴木雄介(富士通)は棄権(欠場)した。

レースは1周1350mの神宮外苑を周回するコースで実施。14周と1100mで行われた20kmは、石田が残り3周の手前で先頭集団で抜け出すと、そのままトップでフィニッシュした。

富山・富山商高出身で大学4年生の石田。これまでの自己記録が昨年2月の日本選手権20km競歩でマークした1時間20分39秒。時折、冷たく強い風吹く気象条件で17秒更新した。

この他、女子大学・一般10kmは熊谷菜美(関彰商事)が45分35秒で優勝した。高校の部では男女ともに十日町(新潟)の3年生が制覇。男子10kmは、昨年のインターハイ5000m競歩2位の近藤岬が43分32秒で、女子5kmは2020年全国高校大会5000m競歩優勝の山岸芽生が23分38秒でそれぞれ勝った。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com