月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

世界選手権に4度出場の前田和浩氏がトーエネックのコーチに就任 「トラック日本代表を輩出できるよう精進してまいります」


トーエネックは、1月1日付で同社陸上部コーチに前田和浩氏が就任したと発表した。

前田氏は佐賀県出身の40歳。中学時代に全国大会の1500mと3000mで優勝を飾るなど、早くから世代のトップで活躍。佐賀・白石高、九電工と進み、2007年には10000mで27分55秒17をマークし、同年に大阪で行われた世界選手権に出場した。09年には初マラソンとなった東京マラソンで日本人トップの2位となり、ベルリン世界選手権の代表に内定。その後、13年モスクワ、15年北京と、マラソンで3度世界選手権出場を果たしている。18年の全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)を最後に現役を退き、その後は九電工の女子長距離コーチを務めていた。

トーエネックは男子1500m日本記録保持者の河村一輝や18年日本選手権5000m優勝の服部弾馬、19年MGC出場の河合代二が所属。全日本実業団対抗駅伝にはこれまで12回出場し、1日のレースでは18位だった。

前田和浩氏コメント全文
「本日、トーエネックのコーチに就任しました。これまでの経験を活かし、来年のニューイヤー駅伝8位入賞、トラック日本代表を輩出できるよう精進してまいります。 よろしくお願いします」

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com