HOME 駅伝

2022.01.01

Hondaが悲願の初V アンカー土方「初優勝を目標にやってきた」SUBARU過去最高2位、黒崎播磨55年ぶり入賞 ニューイヤー駅伝全成績&区間賞一覧
Hondaが悲願の初V アンカー土方「初優勝を目標にやってきた」SUBARU過去最高2位、黒崎播磨55年ぶり入賞 ニューイヤー駅伝全成績&区間賞一覧

22年ニューイヤー駅伝優勝のHonda


◇第66回全日本実業団対抗駅伝/ニューイヤー駅伝in群馬(1月1日/群馬7区間100km)

新春を彩る全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)が1月1日に行われ、Hondaが悲願の初優勝を飾った。Hondaはルーキーの川瀬翔矢が区間13位で発進。徐々に順位を上げ、4区には東京五輪10000m代表の伊藤達彦、5区にも同3000m障害代表の青木涼真が好走を見せ、6区・中山顕が区間賞でトップに立つと、7区・土方英和も区間賞を獲得して逃げ切った。

伊藤は「初優勝に貢献できてうれしいです」と喜びを語り、土方は「初優勝を目標にやってきました」と悲願達成に笑顔だった。

2位にはSUBARUで、過去最高順位と大健闘のタスキリレーを見せた。3位は旭化成で相澤晃は3区区間新の快走。中盤トップに立つ見せ場を作った三菱重工が4位で、トヨタ自動車が5位でフィニッシュした。6位の黒崎播磨は実に55年ぶりの入賞。SGホールディングスが7位、8位にトヨタ自動車九州。GMOインターネットグループはわずか5秒差でまたも入賞を逃した。前回優勝の富士通は12位で連覇はならなかった。

1区では舟津彰馬(九電工)が区間賞。3区では10000m日本記録保持者の相澤晃(旭化成)が圧巻の区間新で区間賞を獲得した。同区では太田智樹(トヨタ自動車)、林田洋翔(三菱重工)、田村友佑(黒崎播磨)ら7人が区間新記録だった。

■全日本実業団対抗駅伝 全成績
1位 Honda 4時間51分04秒
2位 SUBARU 4時間52分09秒
3位 旭化成 4時間52分47秒
4位 三菱重工 4時間52分49秒
5位 トヨタ自動車 4時間54分08秒
6位 黒崎播磨 4時間54分50秒
7位 SGホールディングス 4時間54分52秒
8位 トヨタ自動車九州 4時間54分53秒
9位 GMOインターネットG 4時間54分58秒
10位 日立物流 4時間55分05秒
11位 トヨタ紡織 4時間55分19秒
12位 富士通 4時間56分36秒
13位 ヤクルト 4時間56分43秒
14位 マツダ 4時間56分45秒
15位 NTT西日本 4時間57分03秒
16位 中国電力 4時間58分02秒
17位 中電工 4時間58分04秒
18位 トーエネック 4時間58分06秒
19位 JR東日本 4時間58分07秒
20位 NTN 4時間59分14秒
21位 コニカミノルタ 4時間59分15秒
22位 愛三工業 4時間59分26秒
23位 住友電工 4時間59分29秒
24位 カネボウ 4時間59分37秒
25位 安川電機 5時間00分14秒
26位 小森コーポレーション 5時間00分40秒
27位 九電工 5時間00分43秒
28位 大塚製薬 5時間01分18秒
29位 中央発條 5時間01分20秒
30位 サンベルクス 5時間01分27秒
31位 YKK 5時間01分35秒
32位 戸上電機製作所 5時間01分53秒
33位 コモディイイダ 5時間03分33秒
34位 大阪府警 5時間04分19秒
35位 西鉄 5時間04分24秒
36位 JFEスチール 5時間06分36秒
37位 武田薬品 5時間28分17秒

■ニューイヤー駅伝区間賞一覧
1区 舟津彰馬(九電工)34分41秒
2区 B.キプランガット(SUBARU)22分03秒
3区 相澤晃(旭化成)37分09秒=区間新
4区 細谷恭平(黒崎播磨)1時間03分43秒=区間新
5区 小野知大(旭化成)47分46秒
6区 中山顕(Honda)36分27秒
7区 土方英和(Honda)46分36秒

◇第66回全日本実業団対抗駅伝/ニューイヤー駅伝in群馬(1月1日/群馬7区間100km) 新春を彩る全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)が1月1日に行われ、Hondaが悲願の初優勝を飾った。Hondaはルーキーの川瀬翔矢が区間13位で発進。徐々に順位を上げ、4区には東京五輪10000m代表の伊藤達彦、5区にも同3000m障害代表の青木涼真が好走を見せ、6区・中山顕が区間賞でトップに立つと、7区・土方英和も区間賞を獲得して逃げ切った。 伊藤は「初優勝に貢献できてうれしいです」と喜びを語り、土方は「初優勝を目標にやってきました」と悲願達成に笑顔だった。 2位にはSUBARUで、過去最高順位と大健闘のタスキリレーを見せた。3位は旭化成で相澤晃は3区区間新の快走。中盤トップに立つ見せ場を作った三菱重工が4位で、トヨタ自動車が5位でフィニッシュした。6位の黒崎播磨は実に55年ぶりの入賞。SGホールディングスが7位、8位にトヨタ自動車九州。GMOインターネットグループはわずか5秒差でまたも入賞を逃した。前回優勝の富士通は12位で連覇はならなかった。 1区では舟津彰馬(九電工)が区間賞。3区では10000m日本記録保持者の相澤晃(旭化成)が圧巻の区間新で区間賞を獲得した。同区では太田智樹(トヨタ自動車)、林田洋翔(三菱重工)、田村友佑(黒崎播磨)ら7人が区間新記録だった。 ■全日本実業団対抗駅伝 全成績 1位 Honda 4時間51分04秒 2位 SUBARU 4時間52分09秒 3位 旭化成 4時間52分47秒 4位 三菱重工 4時間52分49秒 5位 トヨタ自動車 4時間54分08秒 6位 黒崎播磨 4時間54分50秒 7位 SGホールディングス 4時間54分52秒 8位 トヨタ自動車九州 4時間54分53秒 9位 GMOインターネットG 4時間54分58秒 10位 日立物流 4時間55分05秒 11位 トヨタ紡織 4時間55分19秒 12位 富士通 4時間56分36秒 13位 ヤクルト 4時間56分43秒 14位 マツダ 4時間56分45秒 15位 NTT西日本 4時間57分03秒 16位 中国電力 4時間58分02秒 17位 中電工 4時間58分04秒 18位 トーエネック 4時間58分06秒 19位 JR東日本 4時間58分07秒 20位 NTN 4時間59分14秒 21位 コニカミノルタ 4時間59分15秒 22位 愛三工業 4時間59分26秒 23位 住友電工 4時間59分29秒 24位 カネボウ 4時間59分37秒 25位 安川電機 5時間00分14秒 26位 小森コーポレーション 5時間00分40秒 27位 九電工 5時間00分43秒 28位 大塚製薬 5時間01分18秒 29位 中央発條 5時間01分20秒 30位 サンベルクス 5時間01分27秒 31位 YKK 5時間01分35秒 32位 戸上電機製作所 5時間01分53秒 33位 コモディイイダ 5時間03分33秒 34位 大阪府警 5時間04分19秒 35位 西鉄 5時間04分24秒 36位 JFEスチール 5時間06分36秒 37位 武田薬品 5時間28分17秒 ■ニューイヤー駅伝区間賞一覧 1区 舟津彰馬(九電工)34分41秒 2区 B.キプランガット(SUBARU)22分03秒 3区 相澤晃(旭化成)37分09秒=区間新 4区 細谷恭平(黒崎播磨)1時間03分43秒=区間新 5区 小野知大(旭化成)47分46秒 6区 中山顕(Honda)36分27秒 7区 土方英和(Honda)46分36秒

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.15

女子800m衝撃の日本新1分59秒93!久保凛が激走振り返る「タイマーを見たら2分を切れそうだったので、最後は気持ちで走った」

日本の歴史と文化の発祥の地でもある橿原で歴史が動いた。日本女子中距離界の新時代突入を告げる衝撃のレースだった。 7月15日に行われた関西学連第1回長距離強化記録会の女子800mで、久保凛(東大阪大敬愛高2大阪)が快走。同 […]

NEWS 女子400mH・ボルが50秒95!史上2人目の50秒台突入、パリ五輪でのマクローリン・レヴロンとの対決に弾み

2024.07.15

女子400mH・ボルが50秒95!史上2人目の50秒台突入、パリ五輪でのマクローリン・レヴロンとの対決に弾み

7月14日、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・チャレンジャー大会のレシスプリント国際がラ・ショー・ド・フォン(スイス)で開催され、女子400mハードルではオレゴン世界選手権金メダルのF.ボル(オランダ)が50秒95の […]

NEWS サニブラウンが10秒20!イタリアでチームメイトのジェイコブス、デグラス、謝震業とパリ五輪前調整レースに出場

2024.07.15

サニブラウンが10秒20!イタリアでチームメイトのジェイコブス、デグラス、謝震業とパリ五輪前調整レースに出場

7月14日、イタリア・リエティで行われた競技会の男子100mにサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が出場し、10秒20(+0.9)で4位だった。 同レースには練習拠点とするタンブルウィードTCのチームメイトとともに参 […]

NEWS 清水空跳が衝撃の10秒26!石川県国スポ予選で高1初の10秒2台、高校歴代9位、U18今季世界リスト2位

2024.07.15

清水空跳が衝撃の10秒26!石川県国スポ予選で高1初の10秒2台、高校歴代9位、U18今季世界リスト2位

7月15日に行われた石川県国三スポーツ大会予選会の男子少年B100mで、清水空跳(星稜高1)が10秒26(+1.9)で優勝した。高校1年生としては初の10秒2台に突入する快記録で、高校歴代でも9位にランクインした。 予選 […]

NEWS 久保凛1分59秒93の日本新!!女子800mで日本人初の1分台に突入!

2024.07.15

久保凛1分59秒93の日本新!!女子800mで日本人初の1分台に突入!

7月15日に行われた長距離強化記録会の女子800mで、久保凛(東大阪大敬愛2大阪)が快挙を達成。同種目日本人女子初の2分切りとなる1分59秒93をマークした。 従来の日本記録は杉森美保が2005年の日本選手権で作った2分 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top