HOME 編集部コラム

2021.12.29

【コラム番外編】編集部が独断で選ぶ日本陸上界2021年「ONE SCENE」大学・高校・中学編
【コラム番外編】編集部が独断で選ぶ日本陸上界2021年「ONE SCENE」大学・高校・中学編

【コラム番外編】
編集部が独断で選ぶ2021年トラック&フィールド
「ONE SCENE」大学・高校・中学編

編集部員コラム「番外編」として編集部員が独断(?)と偏見(?)と思い入れたっぷり(?)に、2021年に心を揺さぶられた「ONE SCENE」を選出。トップアスリート編に続いて、今回は大学・高校・中学を、各主要大会の担当編集者が悩みに悩んで選んでみました!

広告の下にコンテンツが続きます

【コラム番外編】編集部が独断で選ぶ日本陸上界2021年「ONE SCENE」トップアスリート編

●大学編
伊藤陸 三段跳で学生初の17m超え
(向永拓史)

この男が歴史を動かしたのは何度目になるだろうか。日本インカレ男子三段跳で、伊藤陸選手(近大高専)が17m00(+1.3)を跳んで3連覇を達成した。

日本人で3人目の17m超え、学生初の17m超え、日本勢21年ぶりの17m超え。今大会では走幅跳と2冠をしたが、それは41年ぶりのこと。

これまで、三段跳では1年目の日本インカレで42年ぶりにU20日本記録となる16m34をマーク。さらに翌年に1cm更新した。走幅跳でも8mオーバーを持ち、8m&17mジャンパーとなったのは日本人初だ。

広告の下にコンテンツが続きます

ちなみに、17mを初めてみた私の感想は「ずっと浮いている!」だった。

これからも次々と歴史の扉を開いていくことだろう。

●高校編
2年ぶりのインターハイ
西徹朗「13秒69」大会唯一の高校新記録

(松永貴允)

高校陸上界では何と言っても2年ぶりのインターハイ開催が大きなトピックスだった。

舞台は福井。4年前に男子100mで日本人初の9秒台が生まれた競技場だけあって、好記録誕生に期待が高まった。

広告の下にコンテンツが続きます

しかし、悪天候もあってか、4日目まで「ビッグレコード」が出ない。「今年は高校新が出ないまま終わるのかな……」と思った最終日にその瞬間は訪れた。

男子110mハードルの決勝で西徹朗選手(名古屋3愛知)が高校記録(13秒83)を大幅に上回る13秒69(+1.4)で快勝。13秒7台を飛び越えての革新的な記録更新にスタンドは大いにどよめいた。

普段は冷静な西選手が「すーっごい楽しかったです!」と興奮していた姿はもちろん、13秒93で最速の敗者となった小池綾選手(大塚3大阪)の「今出せる力は出せました」という悔し涙も含め、深く記憶に刻まれた。

●中学編
緊急事態宣言下でのビッグジャンプ
男子棒高跳の岸本が4m78大会新V

(大久保雅文)

2年ぶりの開催となった全中。しかし、大会が行われた8月は日本全国で感染症が拡大したタイミングと重なり、緊急事態宣言が発令されるなかで実施された。

広告の下にコンテンツが続きます

大会直前にタイムテーブルも変更され、フィールド種目は予選がなくなり1発決勝に。32人が参加した男子棒高跳は14時に競技が開始し、優勝候補だった岸本都夢(玉藻3香川)が跳び始めたのは17時過ぎだった。強い追い風もあり、難しいコンディションもかかわらず、岸本はバーを次々とクリアしていく。

4m50にただ1人成功して優勝を決め、バーを4m78に上げた岸本。すでに試技数も増えており、クリアするのは難しいだろうという雰囲気も漂ったが、見事2回目にクリア。夕陽が沈んだスタジアムで、ライトに照らされた身体が一際大きく輝いた瞬間だった。

【コラム番外編】 編集部が独断で選ぶ2021年トラック&フィールド 「ONE SCENE」大学・高校・中学編 編集部員コラム「番外編」として編集部員が独断(?)と偏見(?)と思い入れたっぷり(?)に、2021年に心を揺さぶられた「ONE SCENE」を選出。トップアスリート編に続いて、今回は大学・高校・中学を、各主要大会の担当編集者が悩みに悩んで選んでみました! 【コラム番外編】編集部が独断で選ぶ日本陸上界2021年「ONE SCENE」トップアスリート編 ●大学編 伊藤陸 三段跳で学生初の17m超え (向永拓史) この男が歴史を動かしたのは何度目になるだろうか。日本インカレ男子三段跳で、伊藤陸選手(近大高専)が17m00(+1.3)を跳んで3連覇を達成した。 日本人で3人目の17m超え、学生初の17m超え、日本勢21年ぶりの17m超え。今大会では走幅跳と2冠をしたが、それは41年ぶりのこと。 これまで、三段跳では1年目の日本インカレで42年ぶりにU20日本記録となる16m34をマーク。さらに翌年に1cm更新した。走幅跳でも8mオーバーを持ち、8m&17mジャンパーとなったのは日本人初だ。 ちなみに、17mを初めてみた私の感想は「ずっと浮いている!」だった。 これからも次々と歴史の扉を開いていくことだろう。 ●高校編 2年ぶりのインターハイ 西徹朗「13秒69」大会唯一の高校新記録 (松永貴允) 高校陸上界では何と言っても2年ぶりのインターハイ開催が大きなトピックスだった。 舞台は福井。4年前に男子100mで日本人初の9秒台が生まれた競技場だけあって、好記録誕生に期待が高まった。 しかし、悪天候もあってか、4日目まで「ビッグレコード」が出ない。「今年は高校新が出ないまま終わるのかな……」と思った最終日にその瞬間は訪れた。 男子110mハードルの決勝で西徹朗選手(名古屋3愛知)が高校記録(13秒83)を大幅に上回る13秒69(+1.4)で快勝。13秒7台を飛び越えての革新的な記録更新にスタンドは大いにどよめいた。 普段は冷静な西選手が「すーっごい楽しかったです!」と興奮していた姿はもちろん、13秒93で最速の敗者となった小池綾選手(大塚3大阪)の「今出せる力は出せました」という悔し涙も含め、深く記憶に刻まれた。 ●中学編 緊急事態宣言下でのビッグジャンプ 男子棒高跳の岸本が4m78大会新V (大久保雅文) 2年ぶりの開催となった全中。しかし、大会が行われた8月は日本全国で感染症が拡大したタイミングと重なり、緊急事態宣言が発令されるなかで実施された。 大会直前にタイムテーブルも変更され、フィールド種目は予選がなくなり1発決勝に。32人が参加した男子棒高跳は14時に競技が開始し、優勝候補だった岸本都夢(玉藻3香川)が跳び始めたのは17時過ぎだった。強い追い風もあり、難しいコンディションもかかわらず、岸本はバーを次々とクリアしていく。 4m50にただ1人成功して優勝を決め、バーを4m78に上げた岸本。すでに試技数も増えており、クリアするのは難しいだろうという雰囲気も漂ったが、見事2回目にクリア。夕陽が沈んだスタジアムで、ライトに照らされた身体が一際大きく輝いた瞬間だった。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.21

川嶋伸次氏が4月から創価大総監督に就任!東洋大強豪への礎築き、旭化成でも手腕 榎木監督と“師弟タッグ”

創価大駅伝部は4月1日付で川嶋伸次氏が総監督に就任すると発表した。 川嶋氏は埼玉県出身の57歳。日体大時代に箱根駅伝6区区間賞など活躍したのち、1989年に旭化成入社。2000年3月のびわ湖毎日マラソンで2時間9分04秒 […]

NEWS 箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

2024.02.21

箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

トヨタ自動車九州は2月21日、所属する今井正人が2月25日の第107回日本選手権クロスカントリーを最後に現役を引退すると発表した。 今井は福島県小高町(現・南相馬市)出身の39歳。小学生の頃から野球少年だったが、小・中学 […]

NEWS 「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

2024.02.21

「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

東京2005世界陸上財団は2月21日、2025年9月に開催される東京世界選手権の大会ロゴデザイン選定委員会を開いた。 11月30日から1月15日までの応募期間で受け付けられた368作品から、要件確認を経て、予備選定会で絞 […]

NEWS 走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

2024.02.21

走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

世界陸連(WA)が走幅跳のルール変更について検討していることについて、さまざまな声が上がっている。 現行ルールは、踏み切り板20cmと10cmの粘土板が敷かれ、踏み切り板と粘土板の境目から計測される。粘土板に跡がついた場 […]

NEWS 【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~法大~細迫海気「総合5位以内は必ず達成できる」小泉「トップ5入りへ導きます」

2024.02.20

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~法大~細迫海気「総合5位以内は必ず達成できる」小泉「トップ5入りへ導きます」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走したすべての選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top