月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

Playback2021日本記録/鈴木健吾がびわ湖毎日マラソンで日本人初の2時間4分台

2021年は21個もの日本記録(タイ記録含む)が誕生した。東京五輪イヤーという特別な1年に樹立された日本記録を振り返っていく。

非アフリカ系初の2時間5分切り

今年最初の日本記録は男子マラソンだった。2月28日のびわ湖毎日。長い歴史を誇るこの大会も、時代の流れには勝てず。注目度低下や資金難の影響で大阪マラソンとの統合が決定。事実上の廃止だった。

近年は向かい風の影響もあり「記録が出ない大会」と言われていたが、最後を名残惜しむかのように絶好のコンディションに。その中を36km過ぎにスパートしたのが鈴木健吾(富士通)だった。

給水を取り損ねた鈴木は、「行くしかない」と覚悟。そのまま逃げ切り、最後のびわ湖毎日マラソン覇者となった。皇子山陸上競技場に帰って来たとき、まだ時計は2時間4分台。なんと、2時間4分56秒でフィニッシュして見せた。

日本人、そしてアフリカにルーツを持つ選手以外で初めて2時間5分を切る衝撃的なタイム。「自分が一番ビックリしています」も当然だった。

愛媛・宇和島東高から神奈川大へ。大学時代は箱根駅伝2区区間賞、ユニバーシアードハーフマラソン金メダル、全日本大学駅伝優勝メンバーと、一気に才能を花開かせた。実業団1年目はケガに泣いたが、これまで同様、コツコツと積み重ねた先に待っていた、驚異的な日本記録だった。

鈴木は10月のシカゴマラソンで2時間8分50秒をマークし、海外勢相手のレースを経験した。12月には女子マラソン東京五輪代表の一山麻緒(ワコール)と入籍を発表。最愛のパートナーとともに「世界」に向けて走り続ける。

◇男子マラソン日本歴代10傑
2.04.56 鈴木 健吾(富士通) 2021.2.28
2.05.29 大迫  傑(Nike) 2020. 3. 1
2.06.11 設楽 悠太(Honda) 2018. 2.25
2.06.16 高岡 寿成(カネボウ) 2002.10.13
2.06.26 土方 英和(Honda) 2021.2.28
2.06.35 細谷 恭平(黒崎藩磨) 2021.2.28
2.06.45 髙久  龍(ヤクルト) 2020. 3.1
2.06.47 井上 大仁(三菱重工) 2021.2.28
2.06.51 藤田 敦史(富士通) 2000.12. 3
2.06.51 小椋 裕介(ヤクルト) 2021.2.28

【関連記事】2021年に誕生した日本記録一覧

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com