月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

【箱根駅伝エントリー】東京国際大はヴィンセント、丹所健、山谷昌也の三本柱が順当に登録も芳賀、全日本1区のルーキー佐藤が外れる


第98回箱根駅伝(2022年1月2日、3日)のチームエントリー16名が12月10日に発表された。

今季の出雲駅伝で初出場初優勝の快挙を成し遂げた東京国際大は、“史上最強留学生”の呼び声高いイェゴン・ヴィンセントのほか、丹所健、山谷昌也という日本人ダブルエースの3年生『三本柱』が順当にエントリーされた。もう一人の留学生ルカ・ムセンビ(3年)も登録(※留学生の出走は1人)。前回4区の宗像聖(3年)もしっかり入った。

1時年時から3年連続で出場している芳賀宏太郎(4年)、即戦力ルーキーとして出雲、全日本で好走した佐藤榛紀がメンバーから外れたが、出雲では4年生の出番がなかったが、全日本で7区6位と好走した野澤巧理、箱根1本に備えてきた主将の三浦瞭太郎ら4年生もメンバー入り。1年生は10000m28分台の白井勇佑ら3人が入った。3年連続のシード権はもちろん、前々回の5位を上回る成績も十分に狙える戦力が整った。

創部10周年を迎え、出雲優勝、全日本5位と飛躍のシーズンになった今季、箱根路でも存在感を示すレースを見せそうだ。

12月29日に区間エントリー10人が発表。1月2日の往路、3日の復路スタートの1時間10分前(6時50分)にメンバー変更が認められる。往路、復路合わせて当日変更は6人までで、1日最大4人まで変更できる。

■東京国際大のエントリー選手16名(カッコ内は学年、出身校)
◎前回10位、出雲優勝、全日本5位
野澤 巧理(4年/白鷗大足利高・栃木)
三浦瞭太郎(4年/東農大二高・群馬)主将
渡邉 正紀(4年/鬼怒商高・茨城)
イェゴン・ヴィンセント(3年/チェビルベレク高・ケニア)
丹所  健(3年/湘南工大附高・神奈川)
堀畑 佳吾(3年/清風高・大阪)
宗像  聖(3年/学法石川高・福島)
ルカ・ムセンビ(3年/仙台育英高・宮城)
山谷 昌也(3年/水城高・茨城)
生田 琉海(2年/徳島科学技術高・徳島)
鎌田 雅稀(2年/日体大柏高・千葉)
林  優策(2年/滋賀学園高・滋賀)
村松 敬哲(2年/浜松商高・静岡)
倉掛  響(1年/小林高・宮崎)
白井 勇佑(1年/仙台育英高・宮城)
冨永 昌輝(1年/小林高・宮崎)

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com