月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

【箱根駅伝エントリー】國學院大は木付琳、島崎、藤木ら4年生に強力ルーキーが加入!2年前の大旋風再現なるか


第98回箱根駅伝(2022年1月2日、3日)のチームエントリー16名が12月10日に発表された。

今季、出雲駅伝と全日本大学駅伝で共に4位と好成績を収めている國學院大は、主力が順当にエントリーされた。前年度は藤木宏太(4年)と中西大翔(3年)の“二枚看板”だったが、今季は、2年連続主将の木付琳(4年)、日本学生ハーフ3位の島崎慎愛(4年)、全日本8区区間賞の伊地知賢造(2年)、そして、1年生ながら2つの駅伝で主要区間を担った平林清澄の4人を加えた強力な“六枚看板”を形成する。

さらに、藤木と共に1年時から箱根に出場している前回5区の殿地琢朗(4年)も登録。11月の激坂最速王で学生トップの2位になった。國學院大で初めて5000m13分台のタイムを持って入学した山本歩夢(1年)は、前半戦はケガが多かったが、11月に10000mで28分41秒59と調子を上げてメンバーに滑り込んだ。

2年前の駅伝シーズンは、出雲駅伝優勝、箱根駅伝3位と大旋風を巻き起こしたが、総合力と選手層の厚さは、その時以上と言える。今季の全日本は過去最高順位でも喜びはなかった。箱根ではダークホースとして、初の総合優勝を狙いにいく。

12月29日に区間エントリー10人が発表。1月2日の往路、3日の復路スタートの1時間10分前(6時50分)にメンバー変更が認められる。往路、復路合わせて当日変更は6人までで、1日最大4人まで変更できる。

■國學院大のエントリー選手16名(カッコ内は学年、出身校)
◎前回9位、出雲4位、全日本4位
相澤 龍明(4年/藤沢翔陵高・神奈川)
石川 航平(4年/日体大柏高・千葉)
木付  琳(4年/大分東明高・大分)主将
島崎 慎愛(4年/藤岡中央高・群馬)
殿地 琢朗(4年/益田清風高・岐阜)
藤木 宏太(4年/北海道栄高・北海道)
松延 大誠(4年/福岡大大濠高・福岡)
坂本 健悟(3年/藤沢翔陵高・神奈川)
中西 大翔(3年/金沢龍谷高・石川)
伊地知賢造(2年/松山高・埼玉)
瀬尾 秀介(2年/川崎橘高・神奈川)
鶴  元太(1年/八千代松陰高・千葉)
沼井 優斗(1年/國學院久我山高・東京)
原  秀寿(1年/新居浜東高・愛媛)
平林 清澄(1年/美方高・福井)
山本 歩夢(1年/自由ケ丘高・福岡)

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com