月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

【箱根駅伝エントリー】東洋大・宮下隼人、スーパールーキー石田洸介、松山ら登録!鉄紺軍の底力見せるか


第98回箱根駅伝(2022年1月2日、3日)のチームエントリー16名が12月10日に発表された。

出雲駅伝3位ながら、全日本大学駅伝で10位とシード権を逃した東洋大は、前回3位のメンバー6人が順当に登録された。トラックシーズンではケガをしていた5区を2年連続で務めている宮下隼人(4年)、前回ルーキーながら2区区間4位と好走した松山和希も、全日本で復帰して箱根ももちろんメンバー入り。出雲、全日本と安定した走りを見せた前田義弘(3年)らも順調。さらに出雲、全日本と区間賞のスーパールーキー・石田洸介ら1年生も3人が入った。前々回10区の及川瑠音(3年)はメンバーから外れたが、箱根駅伝に向けて足並みをそろえ始めている。

前々回は連続トップ3が11年で途切れる10位とギリギリでシード権。それでも前回3位と立て直し、今季も宮下、松山を欠いた出雲3位と駅伝での強さ見せている。調整が決まれば往路優勝や総合優勝争いも見えてくる。

12月29日に区間エントリー10人が発表。1月2日の往路、3日の復路スタートの1時間10分前(6時50分)にメンバー変更が認められる。往路、復路合わせて当日変更は6人までで、1日最大4人まで変更できる。

■東洋大のエントリー選手16名(カッコ内は学年、出身校)
◎前回3位、出雲3位、全日本10位
蝦夷森章太(4年/愛知高・愛知)
宮下 隼人(4年/富士河口湖高・山梨)主将
大沼  翼(3年/東海大山形高・山形)
柏  優吾(3年/豊川高・愛知)
木本 大地(3年/東洋大牛久高・茨城)
児玉 悠輔(3年/東北高・宮城)
清野 太雅(3年/喜多方高・福島)
前田 義弘(3年/東洋大牛久高・茨城)
奥山  輝(3年/浦和実高・埼玉)
九嶋 恵舜(2年/小林高・宮崎)
佐藤 真優(2年/東洋大牛久高・茨城)
松山 和希(2年/学法石川高・福島)
村上 太一(2年/北見緑陵高・北海道)
石田 洸介(1年/東農大二高・群馬)
梅崎  蓮(1年/宇和島東高・愛媛)
吉田  周(1年/広島国際学院高・広島)

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com