月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

【箱根駅伝エントリー】青学大2年ぶりVへ近藤幸太郎、佐藤一世ら「史上最強」で臨む 全日本で復帰の岸本大紀も登録!


第98回箱根駅伝(2022年1月2日、3日)のチームエントリー16名が12月10日に発表された。

2年ぶり総合優勝を目指す青学大。原晋監督が「史上最強軍団」と言う巨大戦力の中から選び抜かれた16人が決まった。エース・近藤幸太郎(3年)、全日本大学で復帰を果たした岸本大紀(3年)ら、3年生が8人登録。「駅伝男」佐藤一世(2年)、全日本大学駅伝で1区4位と好走したルーキーの志貴勇斗(2年)もメンバー入り。

4年では前々回5区区間新(2位)、前回は9区を走っている飯田貴之、前々回優勝のテープを切った湯原慶吾、高橋勇輝が登録された。特に飯田は全日本のアンカーで駒大との競り合いの末に8秒差で負けているだけに懸ける思いは強い。1年生では出雲、全日本とただ1人走っている若林宏樹、今季自己ベスト連発と勢いがある田中悠登に加え、太田蒼生を登録した。

ここ10年で総合優勝5回の経験、10000mでも28分台が20人以上という選手層を誇る青学大。前回4位、今季は出雲・全日本ともに2位の悔しさを晴らす舞台は整った。

12月29日に区間エントリー10人が発表。1月2日の往路、3日の復路スタートの1時間10分前(6時50分)にメンバー変更が認められる。往路、復路合わせて当日変更は6人までで、1日最大4人まで変更できる。

■青学大のエントリー選手16名(カッコ内は学年、出身校)
◎前回4位、出雲2位、全日本2位
飯田 貴之(4年/八千代松陰高・千葉)主将
高橋 勇輝(4年/長野日大高・長野)
湯原 慶吾(4年/水戸工高・茨城)
岸本 大紀(3年/三条高・新潟)
近藤幸太郎(3年/豊川工高・愛知)
関口 雄大(3年/豊川高・愛知)
中倉 啓敦(3年/愛知高・愛知)
中村 唯翔(3年/流経大柏高・千葉)
西久保 遼(3年/鳥栖工高・佐賀)
宮坂 大器(3年/埼玉栄高・埼玉)
横田 俊吾(3年/学法石川高・福島)
佐藤 一世(2年/八千代松陰高・千葉)
志貴 勇斗(2年/山形南高・山形)
太田 蒼生(1年/大牟田高・福岡)
田中 悠登(1年/敦賀気比高・福井)
若林 宏樹(1年/洛南高・京都)

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com