月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

【箱根駅伝エントリー】予選会圧勝でトップ通過の明大は鈴木聖人、手嶋杏丞、児玉真輝ら登録 全日本欠場の櫛田もメンバー入りで上位目指し充実のラインナップ


第98回箱根駅伝(2022年1月2日、3日)のチームエントリー16名が12月10日に発表された。

10月の箱根駅伝予選会では2位に4分16秒もの大差をつけた明大は、主将の鈴木聖人(4年)、副将の手嶋杏丞(4年)をはじめ、橋本大輝(4年)、小澤大輝、加藤大誠、櫛田佳希、富田峻平(以上3年)、児玉真輝(2年)といった中心メンバーが順当にエントリーされた。なかでも予選会後に臀部を肉離れし、全日本を欠場していた櫛田が無事に16人に名前を連ねたのは大きい。

全日本5区の尾崎健斗(1年)は外れたが、1500mの明大記録(3分39秒91/日本学生歴代9位)を持つ佐久間秀徳(4年)は、中距離選手ながら夏から箱根駅伝を目指して走り込んでメンバー入り。予選会は走っていないが6区・山下りに意欲を見せて、本大会に間に合わせた。5区候補の下條乃將(3年)も、10000mで28分台に突入するなど調子を上げてきている。特殊区間を攻略できれば、上位戦線をかき回す存在になるだろう。

全日本が終わって、箱根での目標を「シード権獲得」から「5位以内」へと上方修正したが、今季の戦力からすれば、それ以上を望める布陣を築くことができそうだ。

12月29日に区間エントリー10人が発表。1月2日の往路、3日の復路スタートの1時間10分前(6時50分)にメンバー変更が認められる。往路、復路合わせて当日変更は6人までで、1日最大4人まで変更できる。

■明治大のエントリー選手16名(カッコ内は学年、出身校)
◎前回11位、予選会1位、全日本7位
金橋 佳佑(4年/札幌山の手高・北海道)
佐久間秀徳(4年/國學院久我山・東京)
鈴木 聖人(4年/水城高・茨城)主将
手嶋 杏丞(4年/宮崎日大高・宮崎)
橋本 大輝(4年/須磨学園高・兵庫)
漆畑 瑠人(3年/鹿児島城西高・鹿児島)
小澤 大輝(3年/韮山高・静岡)
加藤 大誠(3年/鹿児島実高・鹿児島)
櫛田 佳希(3年/学法石川高・福島)
下條 乃將(3年/東京実高・東京)
杉本 龍陽(3年/札幌日大高・北海道)
富田 峻平(3年/八千代松陰高・千葉)
児玉 真輝(2年/鎌倉学園高・神奈川)
杉 彩文海(2年/鳥栖工高・佐賀)
新谷紘ノ介(1年/世羅高・広島)
曳田 道斗(1年/宮崎日大高・宮崎)

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com