HOME 駅伝、箱根駅伝

2021.12.10

【箱根駅伝エントリー】予選会圧勝でトップ通過の明大は鈴木聖人、手嶋杏丞、児玉真輝ら登録 全日本欠場の櫛田もメンバー入りで上位目指し充実のラインナップ
【箱根駅伝エントリー】予選会圧勝でトップ通過の明大は鈴木聖人、手嶋杏丞、児玉真輝ら登録 全日本欠場の櫛田もメンバー入りで上位目指し充実のラインナップ


第98回箱根駅伝(2022年1月2日、3日)のチームエントリー16名が12月10日に発表された。

10月の箱根駅伝予選会では2位に4分16秒もの大差をつけた明大は、主将の鈴木聖人(4年)、副将の手嶋杏丞(4年)をはじめ、橋本大輝(4年)、小澤大輝、加藤大誠、櫛田佳希、富田峻平(以上3年)、児玉真輝(2年)といった中心メンバーが順当にエントリーされた。なかでも予選会後に臀部を肉離れし、全日本を欠場していた櫛田が無事に16人に名前を連ねたのは大きい。

広告の下にコンテンツが続きます

全日本5区の尾崎健斗(1年)は外れたが、1500mの明大記録(3分39秒91/日本学生歴代9位)を持つ佐久間秀徳(4年)は、中距離選手ながら夏から箱根駅伝を目指して走り込んでメンバー入り。予選会は走っていないが6区・山下りに意欲を見せて、本大会に間に合わせた。5区候補の下條乃將(3年)も、10000mで28分台に突入するなど調子を上げてきている。特殊区間を攻略できれば、上位戦線をかき回す存在になるだろう。

全日本が終わって、箱根での目標を「シード権獲得」から「5位以内」へと上方修正したが、今季の戦力からすれば、それ以上を望める布陣を築くことができそうだ。

12月29日に区間エントリー10人が発表。1月2日の往路、3日の復路スタートの1時間10分前(6時50分)にメンバー変更が認められる。往路、復路合わせて当日変更は6人までで、1日最大4人まで変更できる。

■明治大のエントリー選手16名(カッコ内は学年、出身校)
◎前回11位、予選会1位、全日本7位
金橋 佳佑(4年/札幌山の手高・北海道)
佐久間秀徳(4年/國學院久我山・東京)
鈴木 聖人(4年/水城高・茨城)主将
手嶋 杏丞(4年/宮崎日大高・宮崎)
橋本 大輝(4年/須磨学園高・兵庫)
漆畑 瑠人(3年/鹿児島城西高・鹿児島)
小澤 大輝(3年/韮山高・静岡)
加藤 大誠(3年/鹿児島実高・鹿児島)
櫛田 佳希(3年/学法石川高・福島)
下條 乃將(3年/東京実高・東京)
杉本 龍陽(3年/札幌日大高・北海道)
富田 峻平(3年/八千代松陰高・千葉)
児玉 真輝(2年/鎌倉学園高・神奈川)
杉 彩文海(2年/鳥栖工高・佐賀)
新谷紘ノ介(1年/世羅高・広島)
曳田 道斗(1年/宮崎日大高・宮崎)

広告の下にコンテンツが続きます
第98回箱根駅伝(2022年1月2日、3日)のチームエントリー16名が12月10日に発表された。 10月の箱根駅伝予選会では2位に4分16秒もの大差をつけた明大は、主将の鈴木聖人(4年)、副将の手嶋杏丞(4年)をはじめ、橋本大輝(4年)、小澤大輝、加藤大誠、櫛田佳希、富田峻平(以上3年)、児玉真輝(2年)といった中心メンバーが順当にエントリーされた。なかでも予選会後に臀部を肉離れし、全日本を欠場していた櫛田が無事に16人に名前を連ねたのは大きい。 全日本5区の尾崎健斗(1年)は外れたが、1500mの明大記録(3分39秒91/日本学生歴代9位)を持つ佐久間秀徳(4年)は、中距離選手ながら夏から箱根駅伝を目指して走り込んでメンバー入り。予選会は走っていないが6区・山下りに意欲を見せて、本大会に間に合わせた。5区候補の下條乃將(3年)も、10000mで28分台に突入するなど調子を上げてきている。特殊区間を攻略できれば、上位戦線をかき回す存在になるだろう。 全日本が終わって、箱根での目標を「シード権獲得」から「5位以内」へと上方修正したが、今季の戦力からすれば、それ以上を望める布陣を築くことができそうだ。 12月29日に区間エントリー10人が発表。1月2日の往路、3日の復路スタートの1時間10分前(6時50分)にメンバー変更が認められる。往路、復路合わせて当日変更は6人までで、1日最大4人まで変更できる。 ■明治大のエントリー選手16名(カッコ内は学年、出身校) ◎前回11位、予選会1位、全日本7位 金橋 佳佑(4年/札幌山の手高・北海道) 佐久間秀徳(4年/國學院久我山・東京) 鈴木 聖人(4年/水城高・茨城)主将 手嶋 杏丞(4年/宮崎日大高・宮崎) 橋本 大輝(4年/須磨学園高・兵庫) 漆畑 瑠人(3年/鹿児島城西高・鹿児島) 小澤 大輝(3年/韮山高・静岡) 加藤 大誠(3年/鹿児島実高・鹿児島) 櫛田 佳希(3年/学法石川高・福島) 下條 乃將(3年/東京実高・東京) 杉本 龍陽(3年/札幌日大高・北海道) 富田 峻平(3年/八千代松陰高・千葉) 児玉 真輝(2年/鎌倉学園高・神奈川) 杉 彩文海(2年/鳥栖工高・佐賀) 新谷紘ノ介(1年/世羅高・広島) 曳田 道斗(1年/宮崎日大高・宮崎)

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.29

マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

プロランナーの川内優輝(あおいおニッセイ同和損保、36歳)が29日、都内で行われたイベントに参加し、近況などを語った。 脚の故障で前週の大阪マラソンなどを欠場しており、「10日間ほど休んでジョグは始めていますが、スピード […]

NEWS 第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

2024.02.29

第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

関東学生陸上競技連盟は2024年度の競技会スケジュールを公開した。 第103回関東学生対校選手権(関東インカレ)は5月9日から12日の4日間、東京・国立競技場で行われる。国立開催は2年ぶりとなる。 広告の下にコンテンツが […]

NEWS 棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

2024.02.29

棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

男子棒高跳で活躍したファビアン・シュルツェ氏(ドイツ)が2月25日、39歳の若さで病気のためゾントホーフェンで亡くなったことがわかった。 1984年3月生まれ。ジュニア時代から活躍し、2003年欧州ジュニア選手権3位、0 […]

NEWS 2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

2024.02.29

2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

世界陸連(WA)の理事会は英国・グラスゴーで開かれ、世界選手権のトラック種目についての変更点を承認した。 世界選手権のトラック種目のうち、スプリントから800mまでのレースにおいて、準決勝と決勝で9レーン(利用可能な競技 […]

NEWS 2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

2024.02.29

2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

世界陸連(WA)は英国・グラスゴーで理事会を開き、2025年から夏季シーズンを再編すると発表した。 現在の主要カレンダーは、4月からダイヤモンドリーグやコンチネンタルツアーが本格化し、6月あたりに各国選手権が開催。主催す […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top