月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

鈴木健吾と一山麻緒が結婚発表!マラソン界の超ビッグカップル誕生「お互い同じ目標に向かって」


男子マラソンの日本記録保持者・鈴木健吾(富士通)が自身のSNSを更新。女子マラソンで東京五輪8位入賞を果たした一山麻緒(ワコール)と入籍したことを発表した。

鈴木は入籍したことを報告し、「これからもお互い同じ目標に向かって、どんな時も支え合い、高め合いながら、私たちらしく日々精進して参ります。まだまだ未熟な2人ではありますが、温かく見守って頂けると幸いです。今後ともよろしくお願い致します」とつづっている。

鈴木は愛媛県出身の26歳。宇和島東高、神奈川大を経て富士通へ。今年2月のびわ湖毎日マラソンで日本人初の2時間5分切りとなる2時間4分56秒の日本新記録を樹立した。

一山は鹿児島県出身の24歳で、出水中央高を卒業して2016年にワコールに入社。高校時代は全国的には無名だったが、実業団で着実に成長し、今夏の東京五輪のマラソン代表に。8位で日本勢17年ぶりの入賞を果たした。自己ベストは日本歴代4位の2時間20分29秒を持つ。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com