月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

早大がトップ中継!5区でルーキー石塚陽士が再び快走!順大、青学大が浮上、東京国際大は4位/全日本大学駅伝


◇第53回全日本大学駅伝(2021年11月7日/愛知・熱田神宮~三重・伊勢神宮:8区間106.8km)

学生駅伝日本一を決める全日本大学駅伝。5区終了時点で早大がトップ中継を果たした。

5区をトップでスタートしたのは東京国際大。だが、8km過ぎに早大が東京国際大を逆転する。早大は出雲駅伝でも4区で区間賞を獲得しているルーキーの石塚陽士が快走を見せた。その後、追ってきた青学大と順大が11km過ぎに東京国際大をかわして前を追った。早大がトップでタスキをつなぎ、順大が17秒、青学大が19秒差。5区途中までトップを走った東京国際大が33秒差の4位となった。東洋大は梅崎蓮(1年)が3人抜きを見せて5位に浮上した。以下、法大、明大、中大に続き、シード圏外の駒大、國學院大、東海大と名門が苦しい展開となった。

区間賞は2年連続で青学大の佐藤一世(2年)が35分57秒で獲得。区間2位には順大の野村優作(3年)が続いた。

■青学大・佐藤一世コメント
「区間賞というのは狙っていたのでホッとしています。先頭でタスキを渡したかったので少し悔しい。(後ろは)必ずやってくれると思います」

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com