月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

東京国際大のエース丹所健が6区で再び首位奪取!区間新で区間賞「ホッとした」!19秒差で順大、明大が続く 駒大が猛追!


◇第53回全日本大学駅伝(2021年11月7日/愛知・熱田神宮~三重・伊勢神宮:8区間106.8km)

学生駅伝日本一を決める全日本大学駅伝。6区で東京国際大の丹所健(3年)が魅せた。トップで走り出したのは早大で、順大、青学大もつく。3km過ぎに青学大が遅れ始めた一方、33秒差でスタートした東京国際大が追いかけて4kmで前に追いついた。7km過ぎになると丹所が一気に引き離してトップに立った。後ろでは明大が8kmすぎに早大をかわす。だが、その後ろから激走したのが駒大の安原太陽(2年)。9位でタスキを受けた安原は次々と前をかわし5人抜きの4位まで順位を上げた。

6区終了時点で東京国際大がトップで19秒差で順大。1分21秒差で明大、1分36秒差で駒大、青学大が続いた。早大は順位を7位へ落とし、國學院大が8位、東洋大は9位。

区間賞は丹所で、37分12秒の区間新。出雲駅伝後は脚を痛めて10日ほど走れないという状態だった中での快走だった。

■東京国際大・丹所健コメント
「正直、走る前は不安が大きかった。最低限、自分の走りができればいいなと思いました。まさか区間新、区間賞を取れると思っていなかったのでホッとしています。あとは信じるだけ。優勝してくれるのを祈っています」

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com