月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

4区区間賞は青学大・高橋勇輝&東洋大・石田洸介!東京国際大が逃げ、早大が追う展開に


◇第53回全日本大学駅伝(2021年11月7日/愛知・熱田神宮~三重・伊勢神宮:8区間106.8km)

学生駅伝日本一を決める全日本大学駅伝。4区終了時点で東京国際大がトップに。37秒差で早大、1分04秒差で明大が続いた。

3区のイェゴン・ヴィンセント(3年)で一気に独走態勢を築いた東京国際大。4区には当日変更で堀畑佳吾(3年)が入った。1分以上の差をもらって走り出した堀端は後ろと少し差を詰められながら自分の走りに徹し、トップ通過。早大の菖蒲敦司(2年)が好走を見せ、37秒差まで詰めて2位で中継した。さらに明大が続き、順大が1つ順位を落として4位、法大が5位。青学大は高橋勇輝(4年)がさらに順位を2つ上げて6位まで浮上した。國學院大が7位、東洋大が1つ順位を上げて8位。駒大がシードラインから18秒差の9位で中継した。

区間賞は34分08秒で青学大の高橋と東洋大の石田の2人が獲得した。1年生の石田は出雲駅伝に続き2大会連続の区間賞となった。区間3位は明大の小澤大輝だった。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com