月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

青学大・岸本大紀が復活の走り!3区で日本人トップの区間3位で2つ順位を上げる/全日本大学駅伝


◇第53回全日本大学駅伝(2021年11月7日/愛知・熱田神宮~三重・伊勢神宮:8区間106.8km)

学生駅伝日本一を決める全日本大学駅伝。3区で33分55秒をマークした青学大・岸本大紀(3年)が日本人トップの区間3位に入った。

1年時の箱根駅伝2区で快走を見せて注目を集めたが、その後は大腿骨疲労骨折の影響が長引きレースから遠ざかった。今シーズンに復帰し、久しぶりの駅伝となった全日本大学駅伝で10位から8位へと順位を上げた。区間賞は東京国際大のイェゴン・ヴィンセント(3年)で33分21秒の区間新。2位に拓大のジョセフ・ラジニ(3年)。区間4位には早大・中谷雄飛(4年)と続いた。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com