HOME 高校

2021.10.23

ロス瑚花アディアが中学歴代4位の11秒77!「スタート改善できた」2位・秋澤も中2歴代最高タイム/U18・U16大会
ロス瑚花アディアが中学歴代4位の11秒77!「スタート改善できた」2位・秋澤も中2歴代最高タイム/U18・U16大会

◇第15回U18・第56回U16陸上大会(10月22日~24日/愛媛・県総合運動公園陸上競技場)

ジュニア五輪を兼ねた第15回U18・第56回U16陸上大会の初日に20種目で決勝が行われた。注目を集めた女子100mで好記録が誕生。ロス瑚花アディア(駒沢中3東京)が11秒77(+0.9)で優勝し、2位に中学2年生の秋澤理沙(燕吉田中・新潟)が11秒87で食い込み、3位の小針陽葉(沼津原中3静岡/11秒89)まで11秒台だった。

U16(※高1の早生まれ以下の年代)で、夏の全中を沸かせたスプリンターが激突した今大会。個人1種目限定だった全中では、ロスが100mを制し、200mを秋澤が制していた。ともに100mにエントリーし、ロスは予選から11秒91(+1.1)の大会新記録。別の組を走った秋澤も11秒98(+0.4)でトップ通過を果たしていた。

「予選で課題だったスタートの1歩目がうまくいかなかった」というロスは「決勝に向けて練習しました。そこで加速ができたと思います」とスタートから加速に乗る。

一方、秋澤も「スタートからガツンと行けました」と好スタート。ややリードするかたちでレースを進めたが「少し(外側の)ロスさんが見えて、あ、やばいと思いました」と振り返る。ロスが持ち味の中盤から加速していき、11秒77の自己新で全中と2冠を達成。中学歴代4位の好記録だった。

6月に11秒86をマークして注目を集めたロス。だが、「その後はなかなか自己ベストが出ていなかったですが、今大会では11秒75を目標にしていました」と言う。高校1年生も含め11秒台が顔をそろえたことで「緊張した」ものの、「最後は初心に返って臨めました」と自分のレースに徹した。

来年は高校陸上が舞台。「1、2年の時はシンスプリントで練習が積めなかったので、ケガに気をつけて練習して、インターハイで上位入賞や優勝ができるように頑張ります」。伸び盛りのスプリンター。「11秒5台」という目標が達成できれば、3連覇に向けた1年生優勝が見えてくる。

2位の秋澤の11秒87は中2歴代最高。「11秒80を狙っていましたが、速い選手と戦えて楽しかったです」と笑顔いっぱい。全中200mでは2年生でただ1人決勝に残って優勝した。両親(父・田村和宏さん、母・秋澤絵理さん)ともに元スプリンター。両親からは「楽しんでおいで」とアドバイスをもらい「速い人と走れてめっちゃ楽しめました!」と、“スプリンターの血”が騒いだようだ。最終学年となる来年も「全中とU16を勝てるように頑張ります」と力強く語った。

■女子100m中学歴代5傑
11.61 土井杏南(朝霞一3埼玉) 10年
11.73 竹内彩華(御影3兵庫) 05年
11.73 野林祐実(桜木3熊本) 10年
11.77 ロス瑚花アディア(駒沢3東京) 21年
11.79 金子朋未(大谷3埼玉) 91年
11.79 鈴木くるみ(上富良野3北海道) 16年

■女子100m中2歴代3傑
11.87 秋澤理沙(燕吉田・新潟) 21年
11.88 ハッサン・ナワール(松戸五・千葉) 18年
11.89 土井杏南(朝霞一・埼玉) 09年

◇第15回U18・第56回U16陸上大会(10月22日~24日/愛媛・県総合運動公園陸上競技場) ジュニア五輪を兼ねた第15回U18・第56回U16陸上大会の初日に20種目で決勝が行われた。注目を集めた女子100mで好記録が誕生。ロス瑚花アディア(駒沢中3東京)が11秒77(+0.9)で優勝し、2位に中学2年生の秋澤理沙(燕吉田中・新潟)が11秒87で食い込み、3位の小針陽葉(沼津原中3静岡/11秒89)まで11秒台だった。 U16(※高1の早生まれ以下の年代)で、夏の全中を沸かせたスプリンターが激突した今大会。個人1種目限定だった全中では、ロスが100mを制し、200mを秋澤が制していた。ともに100mにエントリーし、ロスは予選から11秒91(+1.1)の大会新記録。別の組を走った秋澤も11秒98(+0.4)でトップ通過を果たしていた。 「予選で課題だったスタートの1歩目がうまくいかなかった」というロスは「決勝に向けて練習しました。そこで加速ができたと思います」とスタートから加速に乗る。 一方、秋澤も「スタートからガツンと行けました」と好スタート。ややリードするかたちでレースを進めたが「少し(外側の)ロスさんが見えて、あ、やばいと思いました」と振り返る。ロスが持ち味の中盤から加速していき、11秒77の自己新で全中と2冠を達成。中学歴代4位の好記録だった。 6月に11秒86をマークして注目を集めたロス。だが、「その後はなかなか自己ベストが出ていなかったですが、今大会では11秒75を目標にしていました」と言う。高校1年生も含め11秒台が顔をそろえたことで「緊張した」ものの、「最後は初心に返って臨めました」と自分のレースに徹した。 来年は高校陸上が舞台。「1、2年の時はシンスプリントで練習が積めなかったので、ケガに気をつけて練習して、インターハイで上位入賞や優勝ができるように頑張ります」。伸び盛りのスプリンター。「11秒5台」という目標が達成できれば、3連覇に向けた1年生優勝が見えてくる。 2位の秋澤の11秒87は中2歴代最高。「11秒80を狙っていましたが、速い選手と戦えて楽しかったです」と笑顔いっぱい。全中200mでは2年生でただ1人決勝に残って優勝した。両親(父・田村和宏さん、母・秋澤絵理さん)ともに元スプリンター。両親からは「楽しんでおいで」とアドバイスをもらい「速い人と走れてめっちゃ楽しめました!」と、“スプリンターの血”が騒いだようだ。最終学年となる来年も「全中とU16を勝てるように頑張ります」と力強く語った。 ■女子100m中学歴代5傑 11.61 土井杏南(朝霞一3埼玉) 10年 11.73 竹内彩華(御影3兵庫) 05年 11.73 野林祐実(桜木3熊本) 10年 11.77 ロス瑚花アディア(駒沢3東京) 21年 11.79 金子朋未(大谷3埼玉) 91年 11.79 鈴木くるみ(上富良野3北海道) 16年 ■女子100m中2歴代3傑 11.87 秋澤理沙(燕吉田・新潟) 21年 11.88 ハッサン・ナワール(松戸五・千葉) 18年 11.89 土井杏南(朝霞一・埼玉) 09年

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.21

七種競技・山﨑有紀「自己ベストで優勝」大玉華鈴「6000点目指したい」/日本選手権混成

◇第108回日本選手権・混成競技(6月22、23日/岐阜メモリアルセンター長良川競技場) パリ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権・混成競技を前日に控える6月21日、岐阜市内で出場選手が前日会見に登壇した。 女子七種競技の日 […]

NEWS 世界陸上代表・丸山優真「最大限やってきた」田上駿「優勝を第一目標に」/日本選手権混成

2024.06.21

世界陸上代表・丸山優真「最大限やってきた」田上駿「優勝を第一目標に」/日本選手権混成

◇第108回日本選手権・混成競技(6月22、23日/岐阜メモリアルセンター長良川競技場) パリ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権・混成競技を前日に控える6月21日、岐阜市内で出場選手が前日会見に登壇した。 男子十種競技で前 […]

NEWS 20km競歩リオ、東京五輪代表・髙橋英輝が現役引退 「どのレースも自分にとっては忘れられない思い出」1万m競歩では世界最高記録も保持

2024.06.21

20km競歩リオ、東京五輪代表・髙橋英輝が現役引退 「どのレースも自分にとっては忘れられない思い出」1万m競歩では世界最高記録も保持

6月20日、富士通は所属する競歩の髙橋英輝が同日付で引退することを発表した。 髙橋は岩手県花巻市出身の31歳。小学校ではサッカー、中学校ではソフトテニス部だったが、陸上の大会前になると特設された陸上部に所属し、長距離ラン […]

NEWS ゴールドコーストマラソンに川内優輝、小山裕太、川内理江ら日本人選手多数招待! 7月7日開催

2024.06.21

ゴールドコーストマラソンに川内優輝、小山裕太、川内理江ら日本人選手多数招待! 7月7日開催

7月7日に行われる第44回ゴールドコーストマラソンに先立ち、大会事務局は6月20日、21日に男女の招待選手を発表した。 日本からは男女17人の選手が招待。男子ではパリ五輪マラソンの補欠に選ばれている川内優輝(あいおいニッ […]

NEWS 棒高跳アジア記録保持者・オビエナ シーズンベストの5m97! 砲丸投・ファブリは大会新V/WAコンチネンタルツアー

2024.06.21

棒高跳アジア記録保持者・オビエナ シーズンベストの5m97! 砲丸投・ファブリは大会新V/WAコンチネンタルツアー

6月20日、ポーランド・ビドゴシュチでWAコンチネンタルツアー・ゴールドのイレーナ・シェビンスカ記念が開催され、男子棒高跳ではオレゴン世界選手権銀メダルのE.J.オビエナ(フィリピン)が5m97で優勝した。 6m00のア […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top