月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

女子5000m競歩は岡田がVでパリへ新たな一歩 藤井2位、河添3位で五輪代表トリオが上位独占/全日本実業団


全日本実業団対抗(9月24~26日/大阪・ヤンマースタジアム長居)2日目

女子5000m競歩は、東京五輪20km代表トリオが上位を独占。29歳の岡田久美子(ビックカメラ)が22歳の藤井菜々子(エディオン)との競り合いを21分24秒95制し、10000mだった3年前以来の優勝を飾った。藤井は21分45秒38で2位、河添香織(自衛隊体育学校)が21分53秒90で3位に続いた。

東京五輪は藤井が13位、岡田が15位、河添が40位。2019年のドーハ世界選手権では岡田と藤井が6位、7位とダブル入賞を遂げていたが、女子競歩初の五輪入賞という目標は果たせなかった。

そこから、それぞれが新たな一歩を踏み出したのが今大会。岡田は、五輪直後は今後についてのことを語れなかったが、再び前を見つめている。

「正直、終わってすぐはやり切ったという気持ちもあれば、寂しいという気持ちもあって複雑でした。ただ、順位だけ見ると15位と入賞に及びませんでしたが、入賞ラインまでは30秒差。30秒は惜しかったなという気持ちが出てきました」

その悔しい気持ちをどう消化すればいいのかと考えた時に、「パリ五輪にぶつけたい」という気持ちが湧いてきたという。

「来年の世界選手権は20kmでがんばりたい。パリは20kmの準備をしつつ、(新種目になる予定の)男女混合にチャレンジできるのであれば、チャレンジさせていただきたいと思っています」

そんな葛藤を乗り越えた先輩に対して、藤井は「東京が始まる前から一緒にパリに出るつもりだったので、引退させるつもりはありませんでしたよ」と笑って背中を押す。

序盤は岡田が引っ張り、その後は藤井が前へ。しかし、「中間をもうちょっとタイムを上げたほうがいいと思って上げたんですが、上げきれなくて、また岡田さんが前に出る展開。中途半端なレースになってしまいました」。ただ、2年ぶりのトラックレースを「楽しんで歩くことができたので、良かったです」と振り返る。

岡田も藤井も、終盤の勝負所のスピードに世界との差を感じた。岡田は「後半のペースアップに対応できるスピード、それができるだけのスタミナをつけるというアプローチが必要と感じています」と言えば、藤井は「優勝したイタリアの選手はラストで(1kmのスプリットで)4分ひとケタを出していた。私は4分ひとケタではまだ回れないので、それを刻むためのスピードが必要だと痛感しています」。

パリ五輪まで3年。世界トップクラスの地位を固めつつある男子に負けじと、女子も奮起していく。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com