HOME ニュース、国内

2021.09.25

女子5000m競歩は岡田がVでパリへ新たな一歩 藤井2位、河添3位で五輪代表トリオが上位独占/全日本実業団
女子5000m競歩は岡田がVでパリへ新たな一歩 藤井2位、河添3位で五輪代表トリオが上位独占/全日本実業団


全日本実業団対抗(9月24~26日/大阪・ヤンマースタジアム長居)2日目

女子5000m競歩は、東京五輪20km代表トリオが上位を独占。29歳の岡田久美子(ビックカメラ)が22歳の藤井菜々子(エディオン)との競り合いを21分24秒95制し、10000mだった3年前以来の優勝を飾った。藤井は21分45秒38で2位、河添香織(自衛隊体育学校)が21分53秒90で3位に続いた。

東京五輪は藤井が13位、岡田が15位、河添が40位。2019年のドーハ世界選手権では岡田と藤井が6位、7位とダブル入賞を遂げていたが、女子競歩初の五輪入賞という目標は果たせなかった。

そこから、それぞれが新たな一歩を踏み出したのが今大会。岡田は、五輪直後は今後についてのことを語れなかったが、再び前を見つめている。

「正直、終わってすぐはやり切ったという気持ちもあれば、寂しいという気持ちもあって複雑でした。ただ、順位だけ見ると15位と入賞に及びませんでしたが、入賞ラインまでは30秒差。30秒は惜しかったなという気持ちが出てきました」

その悔しい気持ちをどう消化すればいいのかと考えた時に、「パリ五輪にぶつけたい」という気持ちが湧いてきたという。

「来年の世界選手権は20kmでがんばりたい。パリは20kmの準備をしつつ、(新種目になる予定の)男女混合にチャレンジできるのであれば、チャレンジさせていただきたいと思っています」

そんな葛藤を乗り越えた先輩に対して、藤井は「東京が始まる前から一緒にパリに出るつもりだったので、引退させるつもりはありませんでしたよ」と笑って背中を押す。

序盤は岡田が引っ張り、その後は藤井が前へ。しかし、「中間をもうちょっとタイムを上げたほうがいいと思って上げたんですが、上げきれなくて、また岡田さんが前に出る展開。中途半端なレースになってしまいました」。ただ、2年ぶりのトラックレースを「楽しんで歩くことができたので、良かったです」と振り返る。

岡田も藤井も、終盤の勝負所のスピードに世界との差を感じた。岡田は「後半のペースアップに対応できるスピード、それができるだけのスタミナをつけるというアプローチが必要と感じています」と言えば、藤井は「優勝したイタリアの選手はラストで(1kmのスプリットで)4分ひとケタを出していた。私は4分ひとケタではまだ回れないので、それを刻むためのスピードが必要だと痛感しています」。

パリ五輪まで3年。世界トップクラスの地位を固めつつある男子に負けじと、女子も奮起していく。

全日本実業団対抗(9月24~26日/大阪・ヤンマースタジアム長居)2日目 女子5000m競歩は、東京五輪20km代表トリオが上位を独占。29歳の岡田久美子(ビックカメラ)が22歳の藤井菜々子(エディオン)との競り合いを21分24秒95制し、10000mだった3年前以来の優勝を飾った。藤井は21分45秒38で2位、河添香織(自衛隊体育学校)が21分53秒90で3位に続いた。 東京五輪は藤井が13位、岡田が15位、河添が40位。2019年のドーハ世界選手権では岡田と藤井が6位、7位とダブル入賞を遂げていたが、女子競歩初の五輪入賞という目標は果たせなかった。 そこから、それぞれが新たな一歩を踏み出したのが今大会。岡田は、五輪直後は今後についてのことを語れなかったが、再び前を見つめている。 「正直、終わってすぐはやり切ったという気持ちもあれば、寂しいという気持ちもあって複雑でした。ただ、順位だけ見ると15位と入賞に及びませんでしたが、入賞ラインまでは30秒差。30秒は惜しかったなという気持ちが出てきました」 その悔しい気持ちをどう消化すればいいのかと考えた時に、「パリ五輪にぶつけたい」という気持ちが湧いてきたという。 「来年の世界選手権は20kmでがんばりたい。パリは20kmの準備をしつつ、(新種目になる予定の)男女混合にチャレンジできるのであれば、チャレンジさせていただきたいと思っています」 そんな葛藤を乗り越えた先輩に対して、藤井は「東京が始まる前から一緒にパリに出るつもりだったので、引退させるつもりはありませんでしたよ」と笑って背中を押す。 序盤は岡田が引っ張り、その後は藤井が前へ。しかし、「中間をもうちょっとタイムを上げたほうがいいと思って上げたんですが、上げきれなくて、また岡田さんが前に出る展開。中途半端なレースになってしまいました」。ただ、2年ぶりのトラックレースを「楽しんで歩くことができたので、良かったです」と振り返る。 岡田も藤井も、終盤の勝負所のスピードに世界との差を感じた。岡田は「後半のペースアップに対応できるスピード、それができるだけのスタミナをつけるというアプローチが必要と感じています」と言えば、藤井は「優勝したイタリアの選手はラストで(1kmのスプリットで)4分ひとケタを出していた。私は4分ひとケタではまだ回れないので、それを刻むためのスピードが必要だと痛感しています」。 パリ五輪まで3年。世界トップクラスの地位を固めつつある男子に負けじと、女子も奮起していく。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

NEWS AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

2024.06.14

AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

6月12日、アスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)はブダぺスト世界選手権男子5000m銀メダルのM.カティル(スペイン)を不正行為で告訴することを発表した。 カティルはドーピングの居 […]

NEWS 棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

2024.06.14

棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

女子棒高跳の日本記録保持者(4m48)諸田実咲(アットホーム)が世界陸連(WA)コンチネンタルツアーの海外転戦で好成績を残している。 6月4日のロイヤルシティ・フェスティバル(カナダ・グエルフ)ではセカンドベスト、パフォ […]

NEWS 400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

2024.06.14

400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)3日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、女子400mハードルで大会新記録が誕生した。昨年の鹿児島国体300mハード […]

NEWS ハンマー投は岡村聡真が「攻めの投げ」で2連覇 走幅跳は近藤孝太がV 棒高跳は小林ひよりが制す/IH北信越

2024.06.14

ハンマー投は岡村聡真が「攻めの投げ」で2連覇 走幅跳は近藤孝太がV 棒高跳は小林ひよりが制す/IH北信越

◇インターハイ北信越地区大会(6月13日~16日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)初日 福岡インターハイを懸けた北信越大会が開幕。男女フィールド4種目の決勝が行われ、男子ハンマー投は岡村聡真(穂高商3長野)が5投目に […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top