月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

山縣亮太、多田修平は決勝を棄権 ともに調子上がらず「来年に備える」/全日本実業団


◇全日本実業団対抗(9月24~26日/大阪・ヤンマースタジアム長居)2日目

全日本実業団対抗の2日目、男子100m予選に出場して決勝進出を決めていた山縣亮太(セイコー)と多田修平(住友電工)が決勝を棄権すると発表した。

多田は予選で10秒36で1着通過を果たしていたが、「来年の世界選手権の参加標準記録(10秒05)を視野に入れて出場しまたが、予選で思うような走りができず、突破が少し厳しい。身体のコンディションは良くなかった」と棄権の決めた。

五輪を経験し「僕は軽量級。海外の選手と比べると筋力が足りなかったので、もう一度筋力を増やしていきたい」と多田。もちろん、「ウエイトトレーニングをしすぎると身体も重たくなるし、脚が流れてしまうので、ミニハードルやテンポ走で並行して確認していきたい」と冬季に向けた展望を話した。

山縣は予選で組2着。昨年から痛めていた右膝に再び痛みが出ているといい、「来年に向けて身体のコンディションを整えたい」。多田と同様に「パワーをつけないといけない」と課題を挙げ、「膝に負担をかけずにどうやってベースアップするかが大事」と冬季へのプランを思い描く。

今大会、いずれもNIKE社のエアの入ったスパイクを履いて臨んだ。東京五輪でも軒並み好記録が出ていたスパイク。「少し感覚はつかめたが、まだ使いこなすだけの筋力が足りない」(多田)、「思った以上に反発がある。スパイクの性能を引き出せるようにしないといけない」(山縣)というのが感想。今シーズンはこれで終了で、いずれも「世界選手権の参加標準記録」を目指して冬季に入る。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com