月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

アツオビンが17m66!! 再びU20日本最高をマーク/九州学生選手権


2試合連続のU20日本最高をプットしたアツオビン(写真提供/福岡大陸上部)

9月25日に行われた九州学生選手権(9月24日~26日/福岡・久留米)の男子砲丸投で、福岡大1年生のアツオビン・ジェイソンが17m66をマーク。1週間前の日本インカレで出したばかりのU20日本最高記録(17m64)を再び2cm更新した。

1投目を16m99で滑り出し、ファウルを挟んで3投目に17m31と早くも17m台をプット。そして4投目に、2試合連続の快投が飛び出した。

続く5投目も17m50にまとめるなど、有効試技4投中3回で17m30オーバー。指導する元日本記録保持者の野口安忠監督が「投げとしては日本インカレのほうが良かった。構えと突き出し角度が合っていなかった」と言うが、それでも19歳としては特筆の内容。「日本インカレで17m後半を投げた感覚やイメージが身体にインプットされているのを確認できたのは良かった。突き出し角度が合えば、18mが見えてくるはず」と確かな手応えを得たようだ。

一般規格(7.26㎏)では日本インカレで初めて17m台に乗せたばかりだが、早くも18m台を射程圏内に入れている。大阪桐蔭高では高校記録(6㎏)を何度も更新し、秋には19m28の大記録を打ち立てた日本陸連ダイヤモンドアスリートは、さらなる記録更新を目指していく。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com