月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

幸長慎一が円盤投で6人目の3連覇達成!投てき2冠へ「去年のリベンジをしたい」/日本IC


◇日本インカレ(9月17~19日/埼玉・熊谷スポーツ公園)1日目

第90回日本インカレの初日に行われた男子円盤投は、幸長慎一(四国大院)が3連覇を他制した。

50分近く競技開始が遅れた最初の決勝種目。幸長は1回目ファウルだが55m付近にスローし、2回目は53m56、3回目54m18と、自己記録60m69からはほど遠い記録にとどまる。「満足いく試合展開ではなかったです。1回目に記録なしになってしまって投げ急いでしまいました」。焦りから、試技間にも「動きすぎた」と体力を消耗。4回目以降も記録を伸ばすことができなかった。

3連覇は、26~28回大会の金子宗平(日大)、39~41回の川崎清貴(中京大)、43~45回の北道雄(国士大)、60~62回の小沢善浩(東海大)、77~82回まで6連覇した堤雄司(国士大)に続いて6人目。それでも「自分が思っていた結果が出せませんでした。風など環境は関係なく57~58mを投げたかった」と悔やむ。

徳島・生光学園高時代には砲丸投と円盤投で高校新を樹立(当時)。四国大に進学してからも2種目で磨きをかけてきた。大学1年時にはU20世界選手権で8位入賞の快挙。その後もアベレージを徐々に高めていき、円盤投では今年、ついに60mスロワーの仲間入りを果たした。

「練習でも60mを投げることもありますが、まだまだ今はもう一度投げられるとは思えません。でも、もうひと冬しっかり練習積めば安定して投げられるようになると思います」と幸長。2日目には砲丸投にも出場予定で、一昨年に続く2冠を目指す。「去年(2冠を)できなかったのでリベンジしたい」と燃えている。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com