月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

筑波大・高良彩花が走幅跳初V!中学から各年代日本一タイトル完全制覇「勝つのは大事」/日本IC


◇日本インカレ(9月17~19日/埼玉・熊谷スポーツ公園)1日目

第90回日本インカレの初日に行われた女子走幅跳で、高良彩花(筑波大)が6m33(+0.3)を跳んで初優勝を飾った。

高良は1回目こそ5m96(+0.1)と6mに届かなかったが、2回目に優勝記録となる6m33。その後も5回目の6m26(+0.1)まで6m台をマークした。圧巻の試技内容で他を寄せ付けず。これで、全中、インターハイ(3連覇)、日本選手権(通算3度)に続いて、各カテゴリーの日本一タイトルを手にした。

「大学入学時に日本インカレは4連覇をしたいと目標にしていましたが、2年間勝てなかったのでうれしいです」。調子は良く、「調整もうまくいった」が、6月の日本選手権同様に脚がケイレンしそうになるアクシデントも。「出力のためにどこの筋肉を動かしているかなど繊細になっているのは良いことなのですが、それで少し繊細になりすぎて少し違和感があると気にしてしまう」と分析する。

それでも、今季はほとんどの試技で6m台。「今年の目標は5m台を出さないこと」に近い結果を残している。以前は「頑張って6m30」だったのが、今は「こんな状態でも6m30」で、「価値は上がっていると思います」。それは「スピードやパワー、全部が上がっている」から。しかし、その反面、助走のリズムが安定せず、踏み切りが合わないこともしばしば。「そこさえ噛み合えば完璧なんですが……何でですかね?」と、最後のピースを模索中だ。

自己記録は高3で跳んだ6m44のU20・18・高校記録。「もうそろそろベストを出したい」。もちろん、記録への思いは強いが、これまで勝負強さをことごとく発揮してきただけに「記録も大事ですが、勝つのも大事。先輩とワンツーできてうれしかったです」と、吉岡美玲とのメダル獲得に笑顔を見せていた。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com