【追跡沖縄インターハイ】相洋2連覇コンビ対談(クレイ・アーロン竜波×髙島咲季)『月刊陸上競技』2019年10月号誌面転載記事

クレイ・アーロン竜波×髙島咲季
相洋2連覇コンビ対談

最後のインターハイを終えて

沖縄インターハイで活躍したクレイ・アーロン竜波(左)と髙島咲季の相洋(神奈川)3年生コンビ

沖縄インターハイで2連覇を達成した男子800mのクレイ・アーロン竜波と、女子400mの髙島咲季の相洋(神奈川)3年生コンビ。他にも、クレイは男子4×400mリレーのアンカーとしてチームの3位に貢献し、髙島は4×100mと4×400mの両リレー2冠に加え、200mでも2位とチーム初の女子総合優勝への原動力となり、女子の最優秀選手にも選ばれた。この1年間、クレイは陸上部全体の〝総部長〟、髙島も女子短距離の部長を務め、名実ともにチームを牽引。その2人に最後のインターハイやチームの様子、今季の戦いぶりについて語ってもらった。

◎構成・撮影/井上 敦

沖縄での激戦を振り返って

—沖縄インターハイでは2人は2連覇するなど、今年も活躍しました。振り返ってみてどうですか。
クレイ 800mは2連覇を目標にしてやってきたので、無事優勝できたので一安心です。プレッシャーはそこまでありませんでしたけど、変なミスや転倒などが少し怖かったので、そこだけ緊張しました。追われる側として、そこはしっかり覚悟して臨んだので大丈夫でした。
髙島 400mは負けられなかったので、1番を取れたのはすごくよかったです。記録より順位という意識でしたが、大会記録(53秒30)を更新したかった思いもあります。
—相洋の代名詞とも言えるリレーは、男子4×400mが3位、女子は4×100mと4×400mが2冠でした。
クレイ 昨年はバトンを落として、その瞬間を今でも覚えているくらい悔しさがすごく残っています。ですので、今年は優勝を狙っていました。ただ、実際は準決勝のタイムが危なく8番目の通過で、決勝は3位。仲間と最後のインターハイを走れてすごくよかったです。
髙島 リレー2冠をするつもりでやってきました。4継は予選も準決勝もバトンがうまくいき、準決勝のタイムも良かったので、決勝は個人がしっかり走れればと思っていました。ただ、昨年は準決勝を1位通過して決勝は4位だったので、「何が起こるかわからないから、絶対に油断だけはしないように」と言って、決勝前に全員で円陣を組みました。昨年(の日本選手権リレーで)出した県高校記録を更新して優勝したので、すごくうれしかったです。マイルは4継の優勝で気持ちが切れたり、ランキングトップだからこそ油断が出たりするかもしれないので、4継優勝を1度置いて、切り替えて臨みました。決勝は一度抜かれて、(アンカーの)私が追う展開でしたが、優勝だけを狙って、みんなでがんばったからこそ1番で帰ってこないといけないと思って走りました。
—そのマイルリレーで女子は初の総合優勝を決めました。相洋は36点で、2位の至学館(愛知)は35点と1点差。最後に逆転しました。
髙島 みんなが喜んでいました。リレーの優勝とは違ううれしさがありましたね。リレー前に至学館がトップというのは知っていましたが、実は得点差は知らなかったです。最終日は互いに100mハードルもあったので、状況がよくわからなくて。終わってから、1点差で勝ったと聞いて「えー!」って驚きました。
クレイ みんなが1つになっていて、全員が連携とれているというのはありました。インターハイに出られなかった部員も来ていましたけど、サポートもすごかったです。総合優勝の表彰も見ていましたし、その後の集合写真の時は(閉会式会場の)端っこの方にいましたけど、輝いていました。
髙島 総合優勝の表彰では、出られなかった部員も表彰台に上がりました。「走れなかったけどインターハイの表彰台に上れた」と言っていたので、本当によかったです。

※この続きは2019年9月14日発売の『月刊陸上競技』10月号をご覧ください