月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

走高跳女王ラシツケネが5度目のファイナル制覇 砲丸投はクルーザーが貫禄V/DLファイナル


ダイヤモンドリーグ(DL)のファイナルがスイス・チューリヒで開催されている。1日目の9月8日には7種目が行われた。

女子走高跳では東京五輪金メダリストのM.ラシツケネ(個人参加/ロシア)が2m05の大会新、今季世界最高を跳び、2014、17~19年に続く5度目のトロフィー獲得を果たした。男子砲丸投はR.クルーザーが22m67の大会新で勝利。今季は世界記録の23m37を投げ、東京五輪でも金メダル獲得と圧倒的強さを誇っている。

男子5000mは20歳のB.アレガウイ(エチオピア)が12分58秒65の自己新で優勝。女子5000mではF.ニョンサバ(ブルンジ)が14分28秒98で、元世界記録保持者のH.オビリ(ケニア)らを抑えてこの種目に勝った。ニョンサバはリオ五輪800m銀メダリストで東京五輪は10000mで5位。今季ダイヤモンドリーグでは1マイルで世界歴代2位、3000m世界歴代7位乃記録を作るなど好調ぶりを見せている。

女子砲丸投ではM.ユーウェン(米国)が19m41のシーズンベストで勝利。男女の走幅跳ではT.モントラー(スウェーデン)が8m17(+0.1)、I.シュパノヴィッチ(セルビア)が6m96(+0.2)でそれぞれ優勝した。

2日目は日本時間の10日0時50分(現地9日17時50分)から、レッツィグルンド競技場で25種目が実施される。

■ダイヤモンドリーグ・ファイナル(チューリヒ)DAY1優勝者
・男子
5000m B.アレガウィ(エチオピア)12.58.65
走幅跳 T.モントラー(スウェーデン)8.17(0.1)
砲丸投 R.クルーザー(米国)22.67
・女子
5000m F.ニョンサバ(ブルンジ)14.28.98
走高跳 M.ラシツケネ(個人参加/ロシア)2.05
走幅跳 I.シュパノヴィッチ(セルビア)6.96(0.2)
砲丸投 M.ユーウェン(米国)19.41



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com