月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

DLファイナル・チューリヒにワルホルムら世界記録保持者が集結!五輪の熱狂、再現なるか


ダイヤモンドリーグ(DL)の決勝戦が9月8~9日、スイス・チューリヒで開催される。今年実施された11回のDL各大会での成績で出場権を獲得した選手が参加し、32種目で頂点を懸けて戦う。優勝者には賞金と、来年のユージン世界選手権のワイルドカードが与えられる。レッツィグルンド競技場のほか、チューリッヒ市街の仮設トラックでもストリートイベントとして実施され、5000mといくつかのフィールド競技が行われる。

世界記録保持者である男子400mハードルのK.ワルホルム(ノルウェー)や男子棒高跳のA.ドゥプランティス(スウェーデン)、男子砲丸投のR.クルーザー、女子三段跳のY.ロハス(ベネズエラ)が参戦。記録への注目も集まる。女子400mハードルの世界記録保持者S.マクラフリン(米国)、女子短距離のS.A.フレイザー・プライス(ジャマイカ)らは出場しないことが明らかになっている。

女子円盤投のS.ペルコヴィチ(クロアチア)はDLファイナルでこれまで6つのトロフィーを獲得。12年ロンドン五輪、16年リオ五輪の金メダリストで、ダイヤモンドリーグでは累計44回優勝している。これまでダイヤモンドリーグでの最多タイトルは男子三段跳のC.テイラー(米国)と男子棒高跳のR.ラヴィレニ(フランス)の7回。過去最高タイに並ぶか。

なお、今回は走幅跳・三段跳、投てき種目において、ファイナル・スリー(上位が最終試技で勝敗を決する新方式)のフォーマットは使用しないこととなっている。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com