HOME ニュース、国内

2019.09.02

【Headline】全中、富士北麓結果、寺田明日香が100mH日本新など(8月26日~9月1日)
【Headline】全中、富士北麓結果、寺田明日香が100mH日本新など(8月26日~9月1日)

女子100mHで日本人初の12秒台に突入した寺田明日香

【月陸NEWSまとめ】
1週間の陸上ニュースを振り返る
全中、富士北麓結果、寺田明日香が100mH日本新など(8月26日~9月1日)

女子100mHで日本人初の12秒台に突入した寺田明日香

 

 

 

 

 

 

大会結果
大阪全中
富士北麓ワールドトライアル
全国高校選抜

8月26日
サニブラウン 2カ月ぶり“復帰戦”で10秒05 スタート出遅れも加速力発揮(スポニチ)
桐生は10秒0台を2度、安定した走り見せる(日刊スポーツ)
川内優輝、ニューカレドニア・モービル国際マラソンで“母子V”(スポーツ報知)
8月27日
佐藤悠基、手足口病も支障なし 豊富な経験胸に五輪切符取る(スポニチ)
ロシア選手、処分解除要請 国ぐるみのドーピング不正問題(共同・サンスポ)
男子800m世界記録保持者ルディシャ、交通事故で無傷(ロイター)
8月28日
日本選手権 女子100M障害で不正スタートを誤判定…陸連が謝罪(デイリー)
陸上800m元女王、ドーピング違反で暫定資格停止処分に(AFP)
出遅れスピードに乗れず=サニブラウン「でも大丈夫」(時事通信)
ボルトさん、新国立競技場の「走り初め」へ 12月開催(朝日新聞)
11年と13年の世界陸上、中長距離選手の約18%がドーピングか 報告書(AFP)
8月29日
山県亮太、世陸代表入りの可能性厳しく…来月1日の記録会を腰の違和感で欠場(スポーツ報知)
城山、世界陸上入賞に意欲 走り幅跳び日本記録保持者(共同通信)
第103回日本陸上競技選手権大会女子100mハードルの不正スタートの誤判定について(日本陸連)
8月30日
世界リレー大会、21年はポーランドで開催(共同通信・サンスポ)
バネ会社が棒高跳びポール作っちゃった 所属選手を応援(朝日新聞)
大迫傑をよく知る後輩が語る、なぜ、彼は強くなったのか(Number)
競歩山西、世界陸上へ抱負「金メダルしかない」(サンスポ)
川内 夫婦“思い出の大会”優勝し帰国も「コースレコードを破りたかった」(スポニチ)
8月31日
川内優輝の「妻」になるということ 侑子さんの涙の理由…涙にもいろいろな種類がある(スポーツ報知)
【五輪の深層】ジョイナーの衝撃…ソウルから支え続け32年の組織委参与・上治丈太郎氏(スポーツ報知)
9月1日
寺田明日香、100障害で日本新12秒97!「どんどん進化したい」(スポニチ)
ウォルシュ、快走で自己新「タイムを見てびっくりした」(サンスポ)
飯塚翔太、復活の20秒29…東京五輪参加標準にも肉薄(スポーツ報知)
神野、ケニア合宿は「100点」 MGCへ自信(サンスポ)
9月2日
多田修平10秒15、目標未達もリレー代表アピール(日刊スポーツ)
桐生祥秀は10秒11で5位 ISTAFベルリン(日刊スポーツ)

【月陸NEWSまとめ】 1週間の陸上ニュースを振り返る 全中、富士北麓結果、寺田明日香が100mH日本新など(8月26日~9月1日) [caption id="attachment_4248" align="alignleft" width="300"] 女子100mHで日本人初の12秒台に突入した寺田明日香[/caption]             大会結果 大阪全中 富士北麓ワールドトライアル 全国高校選抜 8月26日 サニブラウン 2カ月ぶり“復帰戦”で10秒05 スタート出遅れも加速力発揮(スポニチ) 桐生は10秒0台を2度、安定した走り見せる(日刊スポーツ) 川内優輝、ニューカレドニア・モービル国際マラソンで“母子V”(スポーツ報知) 8月27日 佐藤悠基、手足口病も支障なし 豊富な経験胸に五輪切符取る(スポニチ) ロシア選手、処分解除要請 国ぐるみのドーピング不正問題(共同・サンスポ) 男子800m世界記録保持者ルディシャ、交通事故で無傷(ロイター) 8月28日 日本選手権 女子100M障害で不正スタートを誤判定…陸連が謝罪(デイリー) 陸上800m元女王、ドーピング違反で暫定資格停止処分に(AFP) 出遅れスピードに乗れず=サニブラウン「でも大丈夫」(時事通信) ボルトさん、新国立競技場の「走り初め」へ 12月開催(朝日新聞) 11年と13年の世界陸上、中長距離選手の約18%がドーピングか 報告書(AFP) 8月29日 山県亮太、世陸代表入りの可能性厳しく…来月1日の記録会を腰の違和感で欠場(スポーツ報知) 城山、世界陸上入賞に意欲 走り幅跳び日本記録保持者(共同通信) 第103回日本陸上競技選手権大会女子100mハードルの不正スタートの誤判定について(日本陸連) 8月30日 世界リレー大会、21年はポーランドで開催(共同通信・サンスポ) バネ会社が棒高跳びポール作っちゃった 所属選手を応援(朝日新聞) 大迫傑をよく知る後輩が語る、なぜ、彼は強くなったのか(Number) 競歩山西、世界陸上へ抱負「金メダルしかない」(サンスポ) 川内 夫婦“思い出の大会”優勝し帰国も「コースレコードを破りたかった」(スポニチ) 8月31日 川内優輝の「妻」になるということ 侑子さんの涙の理由…涙にもいろいろな種類がある(スポーツ報知) 【五輪の深層】ジョイナーの衝撃…ソウルから支え続け32年の組織委参与・上治丈太郎氏(スポーツ報知) 9月1日 寺田明日香、100障害で日本新12秒97!「どんどん進化したい」(スポニチ) ウォルシュ、快走で自己新「タイムを見てびっくりした」(サンスポ) 飯塚翔太、復活の20秒29…東京五輪参加標準にも肉薄(スポーツ報知) 神野、ケニア合宿は「100点」 MGCへ自信(サンスポ) 9月2日 多田修平10秒15、目標未達もリレー代表アピール(日刊スポーツ) 桐生祥秀は10秒11で5位 ISTAFベルリン(日刊スポーツ)

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.30

女子総合は富山中部が初制覇! 松木愛結は100mH14秒14&4種目V 谷川晴香が砲丸投と七種競技制す/IH富山県大会

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 富山県大会は5月24日~27日の4日間、富山市の富山県総合運動公園競技場で開催された。 各種目 […]

NEWS 女子棒高跳・清水葵が県高校新! U18女子100m5位の前田さくらがスプリント2冠 伊澤健斗200m、400m自己新V/IH鳥取県大会

2024.05.30

女子棒高跳・清水葵が県高校新! U18女子100m5位の前田さくらがスプリント2冠 伊澤健斗200m、400m自己新V/IH鳥取県大会

福岡インターハイ(7月28~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 鳥取県大会は5月25日~27日の3日間、鳥取市のヤマタスポーツパーク競技場で行われた。 女子では […]

NEWS 男子やり投・山本倖希が59m04 男子100m、200mは吉田謙心がV 神園弥優は個人3冠に輝く/IH福井県大会

2024.05.30

男子やり投・山本倖希が59m04 男子100m、200mは吉田謙心がV 神園弥優は個人3冠に輝く/IH福井県大会

福岡インターハイ(7月28~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 福井県大会は5月25日~27日の3日間、福井市の福井県営陸上競技場で行われた。 男子やり投では山 […]

NEWS 弘前実が男子4×100mRで40秒58 1500m田中翔が3分52秒74の大会新V 野上源道は跳躍2種目制覇/IH青森県大会

2024.05.29

弘前実が男子4×100mRで40秒58 1500m田中翔が3分52秒74の大会新V 野上源道は跳躍2種目制覇/IH青森県大会

7月の福岡インターハイに向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 青森県大会は5月24日~27日の4日間、青森市の新青森県総合総合運動公園競技場で行われた。 大会初日に行われた男 […]

NEWS インターハイ都府県大会は最終週 近畿5府県、四国3県、岡山、長崎、熊本で順次開幕 地区大会進出者が出そろう

2024.05.29

インターハイ都府県大会は最終週 近畿5府県、四国3県、岡山、長崎、熊本で順次開幕 地区大会進出者が出そろう

福岡インターハイ(7月28日~8月1日/東平尾公園博多の森陸上競技場)を目指して、明日5月30日から週明けにかけて11の府県大会が開催される。これで、今年度の都府県46大会が終わり、北海道地区の支部大会を含め、6月中旬に […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top