月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

男子マイル日本タイ記録でも予選敗退 世界のファイナル目指し「個々の走力を」


写真/時事
◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技8日目

陸上競技8日目イブニングセッション、男子4×400mリレー予選が行われ、

2組に入った日本は伊東利来也(三菱マテリアル)、川端魁人(三重県教員AC)、佐藤拳太郎(富士通)、鈴木碧斗(東洋大)のオーダーで臨み、3分00秒76をマークして5着。決勝進出は果たせなかったが、1996年のアトランタ五輪で樹立した日本記録に25年ぶりに並ぶ日本タイ記録だった。

伊東は「記録を見るとうれしいですが、2分台を出さないと決勝に行けない。それが世界との差」と振り返る。佐藤は「何年も前に出された記録をずっと超えられなかった。世界はしっかり3分を切ってきた。しっかり個々の力を上げていかないといけない」と話す。

04年アテネ五輪以来のファイナルにはあと一歩届かなかったが、飛び抜けた存在がいない中でマークされた日本タイ記録は、男子マイルの未来に小さな光が灯った瞬間だった。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com