月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

男子4×100mRバトンがつながらず、まさかの結末に 連続入賞もストップ


写真/時事
◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技8日目

陸上競技8日目のイブニングセッション、男子4×100mリレー決勝が行われ、日本は1走と2走のバトンパスがつながらず。まさかの途中棄権で幕を閉じた。2大会3度目のメダル獲得はなず、2000年シドニー五輪から続けていた入賞もストップ。メンバーは予選と同様に1走・多田修平(住友電工)、2走・山縣亮太(セイコー)、3走・桐生祥秀(日本生命)、4走・小池祐貴(住友電工)。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com