月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

50km競歩・急きょ代表の勝木隼人は30位、丸尾知司は32位 過酷なレース意地で完歩


写真/時事

◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技8日目

陸上競技8日目のモーニングセッション、男子50km競歩が札幌で行われ川野将虎(旭化成)が6位入賞を果たした。川野とともに出場した勝木隼人(自衛隊体育学校)が30位、丸尾知司(愛知製鋼)が32位でフィニッシュした。

暑さを考慮して早朝5時半スタートとなったレース。19年ドーハ世界選手権金メダリストの鈴木雄介(富士通)がコンディション不良のため直前に代表を辞退し、代わりに代表に選出されたのが勝木だった。

その勝木は序盤で靴紐がほどけるアクシデント。「準備の失敗」と振り返る勝木は、「序盤だったので自分の力を信じて入賞、メダルが狙えるところまで」と上げていった。だが、「紐を結び直したあとは接地がおかしくなった」とスピードを上げられず。それでも最後まで持ち前の粘り強さで4時間06分32秒で30位フィニッシュした。

「金メダルを取りに行く」つもりで積極的に歩いた丸尾は、序盤は2番手集団を引き離して先頭を追うような気迫溢れる歩きを見せた。だが、そこで「余計なエネルギーを使ってしまった」と徐々に後退。4時間06分44秒で最後は勝木にもかわされ32位に。「金メダルを取りに行った結果。力不足」と言葉を絞り出した。

だが、出場者59人中10人が途中棄権、2人が歩型違反失格という過酷なレースを、地元の意地で歩ききった姿は人々の心に刻まれたはずだ。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com