月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

50km競歩・川野将虎が初五輪で6位入賞!日本勢4大会連続入賞、終盤までメダル争い


写真/時事

◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技8日目

陸上競技8日目のモーニングセッション、男子50km競歩が札幌で行われ、初出場の川野将虎(旭化成)が6位入賞を果たした。日本勢は08年北京五輪から4大会連続の入賞を果たした。一時は倒れ込みながら粘り、終盤までメダル争いを繰り広げた。

川野は宮崎県で生まれ、静岡育ち。御殿場南高から東洋大を経て、旭化成に加入1年目。高校時代からトップウォーカーとして活躍し、19年に3時間36分45秒の日本新記録を樹立して東京五輪代表に内定した。20km競歩銀メダルの池田向希とは同じ静岡出身の同学年で東洋大、旭化成とチームメイト。

優勝は3時間50分08秒D.トマラ(ポーランド)。ポーランド勢4つめのメダル。2位にJ.ヒルベルト(ドイツ)、3位にはベテランE.ダンフィー(カナダ)が入った。50km競歩は東京五輪が最後。

※いずれも速報リザルト



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com